| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

「競馬を楽しむ」


1杯の珈琲に夢を託して!
コロナ拡大ストップを願って!
「勝ち逃げ」は誰でもできる!◆ちょっとだけハードルが高い*(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」は誰でもできるのにハードルが高いと思っている方が多いと思うのですが、私も最初はそう思いました。

しかしやってみると「枠連」しかない時代でしたので、年間では精々プラスしてもマイナスしても200万以内というのが普通でしたし、競馬で生活なんか遠い夢でした。

 

それが「馬単」と「3連複」の発売が2002年の6月15日から福島から発売され、7月13日から全国発売になって収支額は大きく変動しました。

元々腰に爆弾を抱えながら50歳になってさらに酷くなった頃でしたが、丁度その頃に神奈川に居を移したこともあって、仕事から離れて競馬1本にしぼろうと思ったのです。

もちろん「勝ち逃げ」はもう20年も続けてましたから、「馬単」と「3連複」に切り替えるのもとてもスムースでした。

 

決してお金のためでもないのですが、馬が好きだから入った世界でしたし、これで生活ができるならとホッとした部分もありましたし、贅沢をしなければ人並みの生活はできると考えたのです。

腰痛で大変だったので仕事をしなくてもいいならと、心の緊張がほどけたのでしょうか、競馬を別の角度から観れるようになりましたし、ギャンブルだけど勝つためにはギャンブルであってはならないのだという事に気付いたので、その後の勝負はとても慎重になりました。

 

きっと特別な温泉ホテルに泊まってもなんとなく不満を感じてしまう時や、リーズナブルな温泉ホテルなのに大満足するのと同じで、堅苦しさが無くなってリラックスできる事が自分には大切なのだと気付いた時と同じです。

コロナで息子と「家飲み」するのも、好きなお酒が鱈腹飲めるのでなかなか良いものだと感じたり、色々な部分で生活環境の変化があって、大切な事が見えてきたような気がします。

 

腰痛は今でも酷い時は3週間程続きますし、1年に何度かありもう付き合っていくしかないのですが、土日だけ頑張っています。

平日はPCの勉強したり、音楽を聴いたり、映画を観たりしています。

でも、やっぱり「東京競馬場」には「ダービー」や「安田記念」時は行きたいと毎年思っていますし、フランスロンシャン競馬場で行われる「凱旋門賞」時は常に其処に居たいと思うのです。

 

今回はコロナ禍の中で、沢山の方が私達のブログに注目してくれてるようですし、興味のある方も多いとは思います。

通常の競馬とはギャンブルでありワクワクドキドキするものなのですが、そんな感情は「勝ち逃げ」ではあまりないですので、楽しみ方としては次元がちょっと違うと思います。

更に感情を殺してデータ通りに購入を続けることにより、安定した成績が維持できるようになりますので、勝負の世界に憧れる人には向いていないのです。

 

でも、仲間さえいれば一緒に先に進むことができ孤独感からは解放され、一体感を持って冷静に購入ができるようになります。

そして徐々に色々な事の大切さが分かってきますし、仲間がいるからこそいくつものコースが買えるという利点もあります。

今回は「勝ち逃げ」について書きましたので、次回はその他の購入について書きます。

|05:59| 一杯の珈琲に夢を託して | comments(0) | - | posted by MEGAJAPAN -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.