| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

「競馬を楽しむ」


1杯の珈琲に夢を託して!
コロナ拡大ストップを願って!
コロナウィルスの感染の拡大をストップさせるためには!(Sho-R)

 簡単に考えすぎた各国の対応が不必要な「パンデミック」を招いてしまったコロナウィルスの感染は、もう世界中で感染が拡大している状況です。

「対岸の火事」的な対応になったのはWHOの「高見の見物」的対応の遅れが、各国の対応の遅れを招いたとしか言いようのないのですが、既に医療崩壊を起こしてしまった現状では、事態を改善する方法は年封鎖しかないのかもしれませんし、このまま終息に向かうとは思えません。

 

ただ中国の武漢市の様に完全封鎖をして、回復者が増えて抗体を持った人達が増えれば、多少の再感染者があっても終息に向かうという他の伝染病と基本的には同じだと考えられるからです。

武漢市の場合は回復者が50%を超える様になってから、徐々に拡大が縮小したことでなんとなく持論ですが、どうやら医学的にも基本的な事らしいです。

 

もちろん中国でも感染のなかったエリアで、再び拡大が始まる可能性がゼロではないと思うのですが、韓国も徐々に拡大が縮小しているように回復者が既に50%を超えています。

日本もあと少しなのですが、回復者の数よりも感染者の数が増えている状態が続いていますので、大都市圏においては厳しいかもしれないのですが、北海道はちょっと期待大です。

 

 次に心配なのが医療崩壊、人口1,000人に対する病床数13.5を準備できてる日本は、他の先進国の3〜5に比べても余裕がある訳ですが、最終的には強力な防止策に繋がると思っています。

ただ、隔離病棟施設の準備が万全ではないので楽観はできない状態ですが、防ぐための設備はあるものと考えています。

自衛隊や米軍の施設を併用できれば、また企業の研修施設や宿泊施設なども利用できれば、更に回復者も増えると思うのですが、官民が協力して感染者を守ってあげられるシステムを作り上げることが大切だと思います。

 

桜満開でも写真を撮るため外に出られない悔しさもありますし、一寸ならという気持ちもあってストレスがピークですが、私達フォトグラファーにはとても辛い環境なのです。

でも、感染して後遺症が残る可能性もゼロではない事が分かっているだけに無理は禁物ですし、感染拡大のお手伝いをしてしまう事は絶対にあってはならないと思います。

みんなでもう少し辛抱して、早く普通の生活ができるよう頑張って行きたいものです。

|21:29| - | comments(0) | - | posted by MEGAJAPAN -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.