「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「日本馬も頑張っています!」(1杯の珈琲)19-99(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 19日にはオーストラリアでG1が2鞍、イギリスでG1が4鞍行われましたので、成績だけでもと思って書きました。

後半はジョッキー達のリーディング争いについても少し!

 

◎豪「ジ・エベレスト」芝1,200m⇒「イエスイエスイエス」(牡3・父Rubick)

◎豪「コーフィールドC」芝2,400m⇒「メールドグラース」(牡4・父ルーラーシップ)

 

 

◎英「チャンピオンズスプリントS」芝1,200m⇒「ドンファントライアンファント」(牡6・父Dream Ahead)

◎英「チャンピオンズフィリーズ&メアズS」芝2,320m⇒「スターキャッチャー」(牝3・父Sea The Stars)

◎英「クイーンエリザベス2世S」芝1,600m⇒「キングオブチェンジ」(牡3・父Farhh)

◎英「チャンピオンS」芝2,000m⇒「マジカル」(牝4・Galileo)(日本馬ディアドラは3着)

 

 やっぱり日本馬の活躍は嬉しいものですが、色々な馬場でも対応できるパワフルな馬作りも考えなければいけないと思っています。

次に注目のリーディングジョッキーのタイトルはいよいよ「川田騎手」(130勝)と「ルメール騎手」(127勝)の一騎打ち状態となりました。

その後は「戸崎騎手」(98勝)・「福永騎手」(95勝)・「武豊騎手」(92勝)・「三浦騎手」(84勝)・「デムーロ騎手」(81勝)とここまでが100勝越えを狙えそうです。

こちらの争いも楽しみですが、勝負はこれからです。

 

今年の「勝ち逃げ」は目標金額に到達しても行けるところまで、やってみようという事になっていますから、まだまだ勝負は続くのですが、次回はその詳細をコース別に分けて解説したいと思います。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://club.megajp.com/trackback/944179