「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「ワールドホースランキング!」(1杯の珈琲)19-78(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 正確には「ワールドベストレースホースランキング」ですが、今年の1月1日から現在までのランキングを取り上げてみました。

 

1位:127「クリスタルオーシャン」(牡5歳・父Sea The Stars)G1 1勝

2位:126「エネイブル」(牝5歳・父Nathaniel)G1 10勝

3位:125「ビューティジェネレーション」(セ7歳・父Road To Rock)G1 7勝

3位:125「シティオブライト」(牡5歳・父Quality Road)G1 4勝(ダート)

3位:125「ウィンクス」(牝8歳・父Street Cry)G1 25勝

6位:124「ブルーポイント」(牡5歳・父Shamardai)G1 4勝

6位:124「サンタアナレーン」(セ7歳・父Lope De Vega)G1 5勝

6位:124「ヴァルトガイスト」(牡5歳・父Galileo)G1 3勝

9位:123「ハッピークラッパー」(セ9歳・父Teofilo)G1 3勝

9位:123「マッキンジー」(牡4歳・父Street Sense)G1 4勝(ダート)

 ・

 ・

18位:120「ウインブライト」(牡5歳・父ステイゴールド)G1 1勝

 

 

 

素晴らしい馬達が顔を揃えており日本馬は18位にやっとという事ですが、「凱旋門賞」は史上初の3連覇が期待される「エネイブル」が中心になるようですし、日「キセキ」は「フォア賞」から、仏ダービー馬「ソットサス」と英ダービー馬「アンソニーヴァンダイク」は「ニエル賞」、愛「マジカル」と英オークス馬の「アナプルナ」は「ヴェルメイユ賞」からとなっています。

 

私は日本人ですから日本馬を応援したいのですが、今年だけは「エネイブル」の3連覇を見たい気持ちがありますのでちょっと複雑です。

しかし、ゲートインするとつい日本馬に目が行ってしまいますので困ったものです。

 

ランキングの上位の馬も何頭か「凱旋門賞」に出走を予定していますし、これから1か月余りの動向が本当に注目されますが、じっくりと研究してみたいと思っています。楽しみです!

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://club.megajp.com/trackback/944083