「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「勝ち逃げ」をやるなら他の買い方は避けるべきです。(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」は確かにマイナスがあっても資金を分割してルールを守っていれば、年間トータルでマイナスになる事は本当にまれなのですが、「勝ち逃げ」だけでなく「通常買い」や「Win5」にも手を出してしまうと、「勝ち逃げ」の調子が悪い時にはマイナスがダブルになって、最後には生活が破綻してしまいます。

 

私は経験者なのですが、一度だけでなく二度、三度と繰り返して生活が破綻したことがありました。

最後は全面的に「ボス」や「ナカ」さんに助けて貰って今の生活が続けられるようになったのですが、人には言えないくらいの苦労をしてきたのです。

それでも不思議なもので自分の弱さを分かってからは、もう同じ事は繰り返さない様にするのではなく、自然に出来なくなりました。

 

今では「Win5」は楽しみでやっていますが、通常買いはG1レースを少しだけ買うようになりましたし、注意する必要も無くなりました。

こうして「勝ち逃げ」をやる人は余程の余裕ができない限り、その他の購入はやらないのが普通だと思って下さい。

 

生活破綻者にならないために自分に対するルールを作って行動して欲しいものですし、熱くならない購入法なので楽しみがない買い方だと諦めてしまえばじっと我慢していることも忘れる様になります。

もう勝つためにはこれしかないのだと他の買い方は諦めてしまう事なのですが、私も随分と長い間出来なかったのでちょっと反省の意味も込めて書きました。

 

 今こうして「ナカ」さんが急に居なくなると寂しいものですが、北海道の病院で懸命にリハビリをして頑張っていましたし、きっと本人も戻ってきたいという気持ちがあるのでしょう。

でも、どうやら半身マヒを直すのは難しいという事で、このまま北海道で暮らすことを覚悟したようです。

 

以前も12年後に戻ってきた様にまたひょっこりと戻ってくるような気がしてならないのですが、「ナカ」さんが居ないと凄い寂しさがありますし、「勝ち逃げ」していても張り合いがないのです。

私の場合は子供達が小さいだけに病気をしたら本当に大変になりますので、健康にだけは注意したいものです。

「勝ち逃げ」のメリットとデメリット(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」は誰でも出来るけれど、実際にやる事はとても難しいのですが、今日はその「勝ち逃げ」のメリットとデメリットについて、お話したいと思います。

今年は家族で北海道旅行を3週間も行ったので、その間「ココモ式勝ち逃げ」の事についていろいろとメモを取りながら、改めて考えてみましたし、「勝ち逃げ」会員で今も頑張っている方達にもお会いしていろいろとお話をしました。

 

「勝ち逃げ」メリットは予想を気にする事がないので、資金さえあれば誰でも簡単に出来ますし、自分で考えるのはその日の軸だけでその他は何もないのですが、成績も安定していて安心して購入が続けられます。

あの馬がどうのこうのと考える必要がないので競馬の知識が殆ど必要がないのです。

要するに最大のメリットはただただ的中するまで購入するだけで、1日12鞍中1鞍を的中させればいいのです。

 

デメリットはある程度のマイナスがあっても買い続ける程度の資金が必要な事と、自分の考えが反映されないので競馬を勝負として捉えられない事です。

要するに面白味がないのですが、1鞍の的中でメインレースが残っていても購入をストップするので、更に面白くないのです。

単純にまとめると、ギャンブルをしている感覚がないのが「勝ち逃げ」なのです。

 

 現在は会員の募集はしていないのですが、以前からの会員のみなさんと話してみると「Pランク」は無料で送っていますし「ブログ」でも確認ができます。

北海道のみなさんにはやはり「北海道版Pランク」が必要なので送ってはいますが、希望者のみにしています。

みんなしっかりと「勝ち逃げ」を続けてくれているという事ですが、慣れるまでやはりご自身との葛藤が大変だったようです。

 

こうして考えると続けられる人は諦めが肝心なのですが、割り切って買い続けることが1番難しいとの事でした。

私も沢山の失敗を繰り返してきましたので、今では好きな馬を作らない様にして「勝ち逃げ」を続けていますが、どうやらみなさんも同じ道を通るようです。

 

「諦める」・「割り切る」・「続ける」の三つが揃ってこそ、「勝ち逃げ」は成立するようです。

これから「勝ち逃げ」に挑戦する人は、これらを頭に入れてチャレンジしてください。

 

でもみなさん「勝ち逃げ」で儲けたお金を、しっかりと「Win5」につぎ込んでいる方も多かったですが、「Win5」は最も的中が難しいので、絞って購入するコツを身につけることが必須です。

でも「勝ち逃げ」は誰でもできる!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日とは全く逆の事になってしまうのですが、この爺は変な奴だと思わないで下さい。

3連複なら金額が少なく1口単位でも点数が10点以下ですから、1口の376,000円で「勝ち逃げ」できますので、これなら一人でもできる訳です。

 

●土曜勝逃関東⇔3連複+8,751,650円

●土曜勝逃関西⇔3連複−893,070円

合計+7,858,580円(1口単位なら+78万円)

 

●日曜勝逃関東⇔3連複+9,611,990円

●日曜勝逃関西⇔3連複+7,023,490円

合計+16,635,480円(1口単位なら+166万円)

 

上の成績からプラス額を計算してみると簡単、土曜日は資金が3倍に日曜日は資金が5倍に膨らんでいますので、次開催からは倍の752,000円に購入額を増やすことが出来るのですが、これは土曜日も日曜日も購入している方に限ります。

来週からはどちらも週1回ペースなのでじっくりと取り組んでいけると思っています。

 

3連単は60点以下と点数が増えるために最低10口の資金がないとできないのですから、グループ購入が必要な訳です。

こうして3連複なら誰でも購入資金があれば出来ますし、一人でもできるのですが実際にやられている方はとても少ないのです。

 

私達OB会のメンバーはPCエンジニア集まりであったこともあって、この機械的に馬券を購入するという行為を受け入れることが簡単だったと思っています。

アナログの世界で育った私達は、パソコンの導入によってデジタルの世界に引きづり込まれてしまったために、大きく環境が変わったのですが、そのおかげで3連複も3連単も勝ち逃げできるようになったのです。

 

デジタル化以前は枠連➡馬連➡馬単のみでしたし購入するのが本当に大変でしたが、デジタル化されて購入比率も簡単に出せるようになったのです。

大切な事は1回から4回のパンクがあっても続けられるだけの購入資金を用意できること、土曜日か日曜日のどちらか1日は勝負できる状況にある事です。

友達たちと始めれば交代で購入すれば良いので、とても便利です。

「勝ち逃げ」は誰でもできる訳ではない!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 3週間に及ぶ北海道旅行から帰ってきましたが、家族全員大きなトラブルもなく元気に帰ってきました。

往復飛行機でしたが、友人から借りたキャンピングカーはとても快適で、途中一度子供が熱を出して病院に行ったことが最も大きなトラブル、順調に北海道1週は完了です。

「中本」さんのお見舞いにも行けましたし、とても楽しい旅行となりました。

 

 「ココモ式勝ち逃げ」は夏競馬でも順調そのものですが、ライバルの「中本式勝ち逃げ」がお休みしていますので、ちょっと寂しさもあります。

今年の成績のおさらいをしておきますが、下記の通りです。

 

●土曜勝逃関東⇔3連複+8,751,650円

●土曜勝逃関西⇔3連複−893,070円

合計+7,858,580円(1口単位なら+78万円)

 

●日曜勝逃関東⇔3連複+9,611,990円

●日曜勝逃関西⇔3連複+7,023,490円

合計+16,635,480円(1口単位なら+166万円)

 

●土曜勝逃関東⇔3連単+14,531,650円

●土曜勝逃関西⇔3連単+8,037,980円

合計+22,569,630円

 

●日曜勝逃関東⇔3連単+8,900,430円

●日曜勝逃関西⇔3連単+2,097,520円

合計+10,997,950円

 

3連単は1口では出来ませんので1口単位でのプラスは掲載していませんが、友人たちとグループ買いすれば良い訳ですからと考えてみて下さい。

といっても実際に競馬(ギャンブル)という影が付いて回るので、決して仲間を集めることは簡単ではないですし、一度のマイナスで止める人もいますので本当に難しいです。

 

しかも、十分な購入資金が3連複で300万強ほど、3連単では1500万強の資金が必要ですが、これで終わりではなく一人でコツコツやれる人は少ないですし、それなりの覚悟が必要になります。

人間にとって大切な休日の土日に仕事をしているようなものですから、そのプレッシャーに打ち勝つ事や家族の理解を得る事など、問題は山積みなのです。

 

私もそうでしたが結婚をする前に職業を聞かれた時、「ギャンブラー」だと言ったら信じてくれなかったです。(笑)

相手は私より20歳以上も若い訳ですから当たり前なのかもしれませんが、その後も冗談だと思っていたようで、本当だと分かった時はドン引きされ、3週間ぐらい会ってくれませんでした。

そんな状態が半年も続き最後だと思って北海道のトマムに旅行したのが、理解してもらえるきっかけになりました。

 

「Wins札幌のエクセルフロア」で「勝ち逃げ」をして目の前で一日のプラスを見せた時に、初めて安心したようでした。

本人にはまったく別の世界だったようで本当に驚いていましたが、それだけに普通に理解してもらえる状況では無かったのです。

もちろん昼間は「Room365」のスタッフとして働いてはいましたが、生活費に困る事もあった経験から仕事はしていました。

 

こんなに難しい状況を何度も経験してますから、普通に仕事をしていればそれで十分なのですが、馬に魅せられて50過ぎまで結婚もできずにいたのかもしれません。

競馬をやるという事はそれだけの覚悟必要なのですが、私の場合も本当は難しい事なのに仲間がいた事で続けられたと思っています。

 

「ボス」を見ていると一人でコツコツとできるタイプ、「吾郎」さんも「道大」さんも同じタイプですが、「中本」さんや私は仲間が居ないと無理なタイプのようです。

購入資金があっても出来る出来ないはその人次第だと思っています。

「ギャンブル依存症」になる前に!続き(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日の続きの前に北海道の広さには驚いているのですが、こちらは電車の方が時間が掛かるのですね?

昔は北海道へ来ても千歳空港から馬産地に移動するか、札幌近郊へ移動するかで殆ど電車でしたので気付きませんでしたが、今回は網走のホテルから富良野駅までは電車だとなんと6時間以上、車だと4時間ちょっとで行けるのですからなんか不思議に思いました。

全体的に気温が低いので快適な旅行を続けていて、子供達も元気一杯です。

 

 さて話を「ギャンブル依存症」に戻しましょう、一攫千金では競馬ではちょっと無理があるのですが、競馬で年間トータルで1万円以上プラスしている人は8%前後だそうで、年間トントンという方も含めると18%〜21%前後という事になるそうです。

「ギャンブル」の中では一番効率が悪いという事になってしまいます。

 

こんな競馬ですから勝つことは非常に難しいものなのですが、どっかで何かに頼ってしまう部分があるのも事実で、私は好きな馬が出来ると「Pランク」の順位を無視して購入しては、失敗を繰り返してきました。

でもすべてを諦めて白紙状態になってから「Pランク」の大切さに気付いたのです。

最初は「たかがパソコンがはじき出したデータだから」だったのですが、失敗を繰り返しているうちに沢山の事を学び、ある日突然「Pランク」は「されどPランク」に想いが変化したのです。

 

きっとどこかに機械的に割り出されたデータを使うのは「邪道」・「下等」だと考えていた時期があったと思うのですが、決してそうではなく非常に合理的に考えられたものである事に気付いたのです。

どのデータもクラス毎に整備され、競馬場毎に分析され、距離別、コース別にきちんと分析されていることで、「勝ち逃げ法」だけでなく「メインレースの通常買い」、「Win5」にも活用できるのですから便利である事は確かなのです。

 

また「Pランク」の使い方や利用方法は何通りもあるので、自分でいろいろと変化をつけることが出来るのですから、競馬自体を冷静に見れるようになって大切な部分を取り戻せたのです。

「ギャンブル」はすべて自分との戦いなので、それに打ち勝つことが出来ればトータル的に物事を考えられるようになるのです。

 

今年は年頭に元気だった「中本」さんと話して、これまでの分析から夏競馬までは1位軸と2位軸で頑張って、BOX買いは7月からと決めたのですが、その後は倒れてしまいましたので成績の調整がきちんとできなかったのです。

先日、転院した病院へお見舞いに伺いましたが、あまり思わしくなく筆談で話す事しかできませんでしたし、先日は「両」さんも体調不良で入院したようです。

 

みんな年を取って身体を大切にしないといけない時期がきている様で、若い時からの暴飲・暴飲・暴飲と暴食のツケが回って来たようです。

それでも私達は大好きな競馬を止められないのです。

 

命ある限り「Pランク」と向き合って冷静なギャンブルとして楽しんで、いつの日か「凱旋門賞」で日本馬が勝つことを願っています。

「Pランク」にはすべての良さが総合的に詰め込まれていますので、利用するのはみなさんの自由なのですし、上手に工夫して使って欲しいと願っていますので、これからも楽しんで下さい。

「ギャンブル依存症」になる前に!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日の記事で沢山の問い合わせがありましたが、中でも深刻なのがありましたのでちょっと触れることにしました。

その方は現在「ギャンブル依存症」だという事ですが、そのキッカケは「Win5」の的中だったそうで当時800万円もの配当を的中させたことから始まったそうです。

 

たまたま語呂合わせで購入した「Win5」を243点で的中させてすっかりのめり込んだという事ですが、その後はずっとそこから抜け出せずにいたそうです。

徐々に購入点数が増えて今では1,000万円以上もの借金を抱えてしまったようで、今は鬱病になったそうですがそれまでは完全な「ギャンブル依存症」状態で日曜日が来るたびに借金しては「Win5」を購入したそうです。

 

今は猛省して社会復帰を目指して頑張っているらしいのですが、私にもそんな記憶がありますので私の事から話します。

私のきっかけも同じように100万円以上の配当を手にしたことから「ギャンブル依存症」になりましたが、多い時は2,500万円近くの借金があってどうにも首が回らなくなってしまった時期がありました。

 

私はそれを2度繰り返してしまい「ギャンブル依存症」の怖さを嫌という程経験しましたし、今はすっかり立ち直って50歳過ぎてから家庭を持って幸せに浸っております。

今私には「Pランク」という強い味方がいるのですが、この利用方法は個人個人で違いますので10人いると10種類の使い方が出来上がるのです。

 

ただ、基本ベースは同じなのですから何があっても、すべて想定内の事なので冷静に判断できるファクターがそこにある訳です。

「Pランク」はあくまでもデータであり、使うのはみなさんであって教えてもらったりするものではないのです。

「ギャンブル」は教えられて上手くなるものではなく、自分で失敗しながら上手になって行くものなのですが、そこへ到達する過程が間違っていると「ギャンブル依存症」になってしまいます。

 

私達は競馬のデータ情報は提供していますが、予想屋ではないので勝つ方法などを教える立場にはないのです。

したがって「Win5」の絞り方も決まった法則などないのですが、「絞る法則を教えて下さい」などの質問が絶えません。

もっとも競馬はいつも同じ条件で行われる訳ではないので、みなさんもそこの部分については十分な理解があると思うのですが、雨の日もあれば、寒い日もあるし、暑い日もあるのですからそれぞれに合わすことはとても難しいです。

 

さらに季節毎の条件も加味しなくてはいけないのですが、3歳馬は新馬戦が始まるまでは古馬戦には出走できないのですが、新馬戦が始まると古馬戦に出走できるようなって初めて世代毎のレベルがチェックできるので、毎年同じ「Pランク」にはならないのです。

 

思い込みの激しい方は「私達には勝つ方法が分かっている」と思っている方が沢山いる様ですが、同じ人間ですから同じように失敗もするし、上手に馬券が的中することもあるのです。

決して最初から勝馬が分かっている訳ではないのです。⇔続く

久しぶりの大井競馬場はやっぱり楽しい!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 久しぶりの大井競馬場は「帝王賞」で大混雑、早くからの予約で取れたボックス指定席でノンビリと競馬が楽しめました。

レースは1着ゴールドドリーム、2着ケイティブレイブ、3着サウンドトゥルーと中央勢の人気馬が独占、馬単4-2 920円・3連複2-4-10 1,080円・3連単4-2-10 4,310円と配当は安かったですが4頭に絞っての購入でしたので、十分なプラスになりました。

 

私は大井競馬場で育ったようなものですから、日本の競馬場の中では一番好きな競馬場なのですが、やはりここに来るとなんとなく負ける気がしないのです。

レースは5番「テイエムジンソク」の逃げでスタート、3番手を並走した4番「ゴールドドリーム」と2番「ケイティブレイブ」の直線での激しい攻防は見応えありました。

 

帰りは結局、横浜で深夜まで飲んで帰りましたが、たまにはこんな飲み会もいいものです。

8人ですからもう盛り上がって大変、今朝は案の定二日酔いの状態ですが、午後からでも研究室に顔を出そうと思っております。

暫くは子供たちと一緒に北海道旅行に出かけますので、3週間程お休みをいただきます。

 

いつもは伊豆だったり富士山近郊だったりですが、昨年夏に京都から神戸・大阪・奈良・和歌山・三重を旅行して周りましたので、今年は北海道にしました。

でも、札幌までは飛行機で千歳空港から友人の車を借りての周遊旅行です。

最近は奥さんも運転ができるので、交代で結構移動しますので楽しみが一杯ですし、北海道は温泉・海の幸・山の幸と沢山楽しんで帰りたいです。

 

私より子供たちと奥さんが旅行大好きなのですが、北海道ですから競馬場にも行ってみたいと思っていますが、こればかりは私の我儘なので懸命にお願いしてみようと思っています。

車はワンボックスで後部座席がフラットになるタイプで、子供たちがいつでも横になって寝られるので便利です。

暫くは記事もご無沙汰になりそうですが、よろしくお願い致します。

シゲの一言─峅燭間違っていたのか?」(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」で競馬をする時には「競馬の轍」にハマりこんでしまう事があります。

例えば「ココモ式3連複」で購入しているのに「中本式3連複」も一緒に購入したりと、ダブって購入することがあってはならないのですが、単純にダブルで儲けられると考えてしまう事です。

 

同じ曜日なら軸も大抵同じですから、どちらも一緒にパンクなんて事にもなりかねませんし、一度に多くの資金を失う危険があるのですから、できれば重ならないのが良いです。

それに機械的に購入するだけで自分の考えを反映させないで、ひたすら繰り返すだけなのですが、人間てそれが苦手なのです。

 

「ギャンブル」なんてどれも嵌まってしまうと自由度が失われてしまいますし、機械的になると面白さや喜びが半減してしまうのですが、そこから離れてしまうと「儲かる競馬」から「儲からない競馬」になってしまう事に気付いて欲しいものです。

私達も3年から5年は間違いを繰り返していますから、今では機械的に「勝ち逃げ」が出来ます。

 

ただ機械的に購入するだけなのに、こんなにも難しいものだとは思いませんでしたというのが研究室のみんなの意見です。

一時的に「メインレースの通常買い」に走る人もいて、「Win5」に運を任せてみたりして徐々に「勝ち逃げ」から離れてしまうのです。

そうなるともう泥沼なのですが「勝ち逃げ」より面白さは何倍にもなりますので、そのままになってしまうのです。

 

 OB会のみんなが働きながら貯金して「勝ち逃げ」で勝った分で生活して、その逆もありますが、そんな方法でやっと一戸建てを建てたのですが、「創」さん「龍」さんはセカンドハウスを持っているくらいです。

私も子供たちと一緒に家族で旅行ができるように、キャンピングカーを購入して出かけていますが、最近はトレーラーハウスにも注目しています。

 

「儲かる競馬」で家族が楽しむ事が出来れば、奥さんも一緒に競馬を楽しんでくれますので一石二鳥なのです。

シゲの一言А崗茲蟇曚┐覆韻譴个い韻覆でβ冦呂慮続Α廖淵轡押

JUGEMテーマ:競馬

 私に一番足りなかったのは「忍耐力」だったのですが、ギャンブルの世界では勝つためには不可欠なものです。

ところが勝ち逃げでは「忍耐力」を超える「忍耐力」が必要なのですが、これが目安になるものがないので分かりにくいのです。

簡単に言うと、普通の人間の忍耐力の限界を超える忍耐力が必要で、例えば「この馬は軸を外さないだろう」と考え購入してしまう私と、「この馬は確実に1着になる」と確信して勝負する「ボス」の違いです。

 

昔は枠連と馬連と馬単の時代が長かったので、3着では馬券の対象にはならなかったのですが、この辺りでは「この馬は確実に1着になる」でなければ的中は難しかったのです。

こんなレースは少ないのですが、そのチャンスが巡ってくるまでじっと我慢して勝負するので、3回のチャンスで確実に2回は的中するのです。

私の「この馬は軸を外さないだろう」ですと、5回に1回の的中になってしまうので、どうしてもマイナスになってしまいます。

 

この違いは本当に大きいもので何度も嫌な思いをしたものですが、勝ち逃げにおいてはもっと切実なじっと的中するまで待つという事、午前中で的中してもそこから先は購入してはならない事、週に1回の勝負で我慢する事などことごとく破ってしまいひどい目に何度も会いました。

現実は厳しいもので我慢が足りない人には試練がやって来るものなのです。

 

本当に素晴らしいこと等一瞬の出来事で、その次もまたその次も酷い目にあっていましたので、「なんで?」という疑問や「どうして?」という反省との葛藤が続いて精神的にもまいってしまうのですから、人間て本当に弱いものです。

常にその繰り返しで50歳くらいになるまで「忍耐力の限界」を超えることが出来ませんでしたが、病気をして一気に考えが間違っていることに気づいたのです。

「ボス」に話すと「今更シゲ!」なんて言われて笑われましたが、それからはなんとなく「ボス」も優しくなったような気がしました。⇔次回は「何が間違っていたのか?」です。

シゲの一言Α屬匹鵑聞愼組み合わせを選ぶか」◆淵轡押

JUGEMテーマ:競馬

 そして年頭の結論は土曜日も日曜日も4口購入という事になりましたが、最初は土曜日か日曜日の東西「3連複」か「3連単」でスタートすれば十分です。

予算があれば残りを組み合わせる様にすればいい訳ですが、組み合わせは自由です。

今年の成績で3か月間を振り返ってみます。

 

‥斃貌の「3連複」東西1口+126,447

日曜日の「3連複」東西1口+901,158

E斃貌の「3連単」東西1口+1,032,670

て曜日の「3連単」東西1口+1,218,261

 

「3連複」は今年、土曜日の成績が目標を割り込んでいますが、その他は月平均プラス20万の目標はクリアしています。

したがって組み合わせは自由に選んでいただいていいので、自由に組み合わせて欲しいと思います。

 

ただし増額の場合は150万のプラスで、どれかを1口増やすという方法でやればいい訳ですが、次々と増やすやり方はしないでプラスを4分割して1口づつ増やす方法を取って欲しいのです。

こうすれば4日連続マイナスしなければ資金は足りていることになります。

 

「3連単」は点数が多いので資金は思った以上に必要になりますので、仲間で購入するようにすれば可能になります。

無理をしないでしっかりとしたルールを作って勝負するのが一番の近道なのですが、私もそこまで到達するまでは随分と時間が掛かったので大いに反省しています。

 

みなさんも同じ条件なので徹底した方法の確立が必要ですし、それが無いと仲間と購入する「3連単」は途中で頓挫してしまいますので注意が必要なのです。

10人の人間が集まれば考え方も10色あるので、簡単にまとめ上げることは出来ないのです。

 

「3連複」なら点数が少ないので一人で出来ますので、利益が少なくてもここから始める余裕が欲しいもので、分かっていてもなかなかできないのが現実です。

私が頑張ったのはここ10年ですが、自分の病気、母の病気、結婚と大きな転機がありましたので、なんとなくやってきたそれまでの自分とは違って、いろんな事に責任を感じての事でした。⇔次回は「乗り越える忍耐力」です。