「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今年2度目の「通常買いで勝負」の結果は?(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「フェアリーS」+「日経新春杯」と上手に資金作りが出来て、14日朝の時点では掛け金を差し引いて88万の資金、さてどんな結果になったのか、みなさんも気になるところでしょうから結果をお知らせします。

私と「吾郎」さん(Gグループ)は4頭に絞りましたが、「シゲ」さん(Sグループ)は5頭にに絞りました。

さらに今回は馬連+3連複ではなく今回は馬単+3連複で購入です。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬単/3連複/3連単

14日◎中山11R09・05・07・12・06・02C7-5-2/1,690/5,490/22,140「京成杯」G3

Gグループ⇒(消し馬6番・12番)前走「東スポ杯2歳S」の2頭は低レベルで参考にならないという理由で消しにしました。

馬単Box12点44万振り分け購入・配当949,780円+3連複Box3点44万振り分け購入・配当6,395,850円=+7,345,630円

(馬連と馬単と3連複は10倍未満カット・3連単は50倍未満カットで購入してます)

 

Sグループ⇒(消し馬6番)やはり「東スポ杯2歳S」の2桁着順と18キロプラスで消し馬にしました。

馬単Box20点44万振り分け購入・配当562,770円+3連複Box8点44万振り分け購入・配当1,784,250円=+2,347,020円

 

4頭残しと5頭残しではこんなにプラスが違うのですが、決して勿体ないと思わないで下さい。

Gグループは勝負を挑んだだけ、Sグループは確実性を重んじた結果なのですし、私達はGグループはほぼ1年ぶりのコロガシ成功ですが、Sグループは昨年だけでも2回の成功をしています。

 

みなさんも私達ももう少し研究の余地があるのですが、今年からリステッド競走が設置されましたのでG3とオープンの間に存在するややこしい区分けなのですが、降級制度が廃止になっただけに重賞レースと同じ扱いが出来るかもと考えております。

リステッド競走を対象にすればチャンスは多くなるのですが、もう少し研究してみたいですし数値的にも、これまでの様な形で十分なのかもしれません。ご期待ください!

今年2度目の「通常買いで勝負」は???(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 先週は初日の「中山金杯」で躓いて勝負は終わってしまいましたが、今週は「フェアリーS」+「日経新春杯」と上手に資金作りが出来ています。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/3連複/3連単

12日◎中山11R11・01・03・13・08・16B1-8-13/2,890/9,490/54,740「フェアリーS」G3

(消し3番・16番)ここは休み明けの2頭を消しにしました。

馬連Box6点5万円振り分け購入・配当158,980円+3連複Box4点5万円振り分け購入・配当483,990円=+542,970円

(購入資金はマイナスしてありますが、3連複(47万)と3連単(44万)は計算上で配当の多い方を選ぶことにしています)

 

13日◎京都11R02・16・12・04・05・10C2-10-5/1,320/2,640/10,530「日経新春杯」G2

(消し12番・4番)ここは「菊花賞」で2桁着順の2頭を消しました。

馬連Box5点5万円振り分け購入・配当151,800円+3連複Box4点5万円振り分け購入・配当285,120円=+336,920円

(購入資金はマイナスしてありますが、3連複(23万)と3連単(28万)は計算上で配当の多い方を選ぶことにしています)

ここでの馬連4頭Boxは6点ですが10倍以下が1点ありましたので5点にしてありますし、3連複も10倍未満、3連単は50倍未満はカットして購入しています。

 

このようにほぼ88万円の購入資金ができた訳ですが、京成杯をはずしてもマイナス110円ですし、もしかしたらはいけない考えでも800万に化ける事だってあるのです。

今日の「京成杯」は今年初のリーチなのですが、こんなチャンスは1年に4回から6回はあるものですし、最後まで成立するのは2年に1回ぐらいはあるものです。

みなさんもチャレンジしてみて下さい。

 

今年の研究室イベントレース特集!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今年は1月6日の金杯からスタートしましたが、毎年この両金杯が私達の始まりです。

この金杯の日はみんなで乾杯するのが決まりですので、競馬が終わってからOB会も参加で乾杯します。

 

●中山11R06・01・09・07・17・05(G3中山金杯)

結果⇒馬単1,100円

●京都11R07・02・13・09・12・11(G3京都金杯)

結果⇒馬単3,610円・3連複1,720円・3連単11,480円

このように2戦2勝で1鞍3着まで的中とプラスでスタートできましたが、通常買いの難しさもあって全員的中はいつも不可能です。

 

次のイベントは5月27日の「東京優駿」(ダービー)当日ですが、この日はBOX買いした人だけが的中できました。

福永騎手がダービー制覇をした嬉しい一日となりました。

●東京10R01・08・05・17・12・15(G1ダービー)

結果⇔馬単15,520円

 

3回目のイベントは6月3日の「安田記念」で、2週続けて集まるのが恒例になっていて的中者はゼロでしたが、みんなで残念会をしました。

Frankalの強さを思い知らされたレースでした。

●東京10R01・15・05・11・14・04(G1安田記念)

結果⇔ハズレ

 

4回目のイベントは10月28日の「天皇賞・秋」当日で、この日はみんなで大騒ぎとなって乾杯はちょっとここでは書けない場所でした。

随分と購入していた研究員もいて大変な騒ぎとなりました。

●東京11R05・04・06・09・07・10B(G1天皇賞秋)

結果⇔馬単2,370円・3連複6,420円・3連単24,230円

 

5回目のイベントは11月25日で、あの「ジャパンC」の日なのですが、この日は何故か全員的中となって盛り上がりは今年最高でした。

珍しいのですよ、全員が的中というのは。

●東京11R01・11・03・08・09・12A「ジャパンC」G1定量

結果⇔馬単700円・3連複960円・3連単2,690円

 

そして6回目のイベントが「有馬記念」なのです。

こうしてみるとなかなか優秀なのですが、実は通常買いでプラスをしているのはOB会6人で3人、研究室は14人いて3人ですから本当に難しいものです。

 

私もプラス側なのですが、もし「有馬記念」を外してしまうとマイナスゾーンに転落かもしれないのです。

結局はその年の通常買いのプラスの殆どを「有馬記念」に投入しますので、私達の間では「アリャマ記念」として親しまれているのです。(笑)

 

みなさんもご存じだと思うのですが「競馬手帳」に細かく収支を記入していて、最後の「東京大賞典」が終わると年明けにみんなでその手帳を燃やしてしまうのが私達の慣わしです。

「ボス」や「シゲ」さんにいろいろと教えて貰ったことで、普通ならつまらない事なのですが、今では大切な行事なのだという事が分かったものが沢山あって、このイベントの開催も手帳を燃やすのも大切な事だという事が今では理解できるようになりました。

 

もうあと2日間で今年のイベントも終了なので、「競馬手帳」に「アリャマ記念」と記載されない様に頑張りたいです。

グレードレースG1&G2「通常買い」の結果2018年4〜6月(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 グレードレースの「Pランク」での結果をお知らせします。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎4/01日11R15・08・02・04・01・05C15-5-8/2,930/3,750/2,780/17,450「大阪杯」G1定量

◎4/07日11R03・06・02・11・01・13B11-0-3「阪神牝馬」G2別定

◎4/07日11R14・12・05・06・08・10C5-14-0/950/1,950/-------/-------「ニュージーランドT」G2馬齢

◎4/08日11R01・13・09・17・16・14A13-1-9/480/990/830/3,780「桜花賞」G1定量

◎4/15日11R02・15・05・03・09・07C7-0-0「皐月賞」G1定量

◎4/22日11R04・09・08・05・10・01B5-9-4/1,270/2,840/860/7,060「マイラーズC」G2別定

◎4/22日11R04・01・10・12・16・11C4-0-16「フローラS」G2馬齢

◎4/28日11R08・18・10・06・12・09D9-0-10「青葉賞」G2馬齢

◎4/29日11R11・06・12・08・14・02C12-11-8/1,030/2,510/2,060/11,650「天皇賞」G1定量

◎5/05日11R01・05・02・15・07・11C0-0-15「京都新聞杯」G2馬齢

◎5/06日11R07・09・03・10・05・01B0-9-0「NHKマイルC」G1定量

◎5/12日11R06・15・01・05・10・09C5-0-1「京王杯スプリングC」G2別定

◎5/13日11R10・16・11・02・09・01D0-16-0「ヴィクトリアM」G1定量

 

 

 

◎5/20日11R13・02・08・01・06・03A13-1-2/1,190/1,410/750/3,360「優駿牝馬」G1定量

◎5/27日10R01・08・05・17・12・15B17-12-0/7,950/15,520/-------/--------「東京優駿」G1定量

◎6/03日11R01・15・05・11・14・04C0-4-1「安田記念」G1定量

◎6/24日11R03・16・10・07・13・08D0-13-0「宝塚記念」G1定量

計17戦7勝5鞍が3着まで的中

 

この3か月間は成績が良くなかったですが、それでも何とかプラスが出るようには購入できるものです。

それでもどんなレースが的中できないのかは、参考にできますので研究してみて下さい。

グレードレースG1&G2「通常買い」の結果2018年1〜3月(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 グレードレースの「Pランク」での結果をお知らせします。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎1/14日11R03・07・08・02・10・01C7-2-0/1,680/2,720/------/-----「日経新春杯」G2ハンデ

◎1/21日11R08・09・12・10・15・01A8-0-0「東海S」G2別定

◎1/21日11R03・07・05・01・08・11B7-3-0/460/1,120/------/------「AJC」G2別定

◎2/11日11R06・05・10・07・04・03A4-10-6/2,830/6,760/1,260/16,450「京都記念」G2別定

◎2/18日11R14・10・16・12・02・04B12-14-0/1,140/3,530/------/-----「フェブラリーS」G1定量

 

 

◎2/25日11R04・05・03・02・10・08B5-10-8/1,930/3,830/8,640/41,500「中山記念」G2別定

◎3/03日11R05・09・04・10・08・03A5-4-9/750/990/410/1,950「チューリップ賞」G2馬齢

◎3/04日11R09・08・01・03・10・04A1-2-4/9-8-3/300/450/500/1,320「弥生賞」G2馬齢

◎3/11日11R09・05・01・02・03・07A9-0-5「金鯱賞」G2別定

◎3/11日11R07・09・01・06・02・14C0-9-2「Fレビュー」G2馬齢

◎3/18日11R08・10・07・06・09・04A7-9-8/4,970/8,470/760/6,530「阪神大賞典」G2別定

◎3/18日11R08・02・05・11・06・12B8-5-12/680/1,120/2,230/7,440「スプリングS」G2馬齢

◎3/24日11R07・14・12・09・04・11C12-0-11 日経賞」G2別定

◎3/25日11R06・09・08・11・01・03B9-8-0/1,690/3,170/------/------「高松宮記念」G1定量

 

 

計14戦10勝5鞍が3着まで的中

 

参考になるかどうかは分かりませんが、何らかの目安になればと思っています。

私達は「馬単と3連単」派と「馬連と3連複」派とおよそ半々くらいに分かれていますし、たまにしか勝負しない「ボス」の様に条件が揃った時だけの場合もあって、やはりみなさんそれぞれの方法で勝負しています。

みなさんも色々と工夫してみて下さい。

グレードレース以外のハンデ戦購入しない!「通常買い特集」(馬五郎)

JUGEMテーマ:競馬

 「馬五郎」はハンデ戦を出来る限りやらない様にしていますが、グレードレースのハンデ戦だけは時と場合によっては購入します。

通常買いではレース数を増やすよりも減らすことが大切ですが、時々ハンデ戦で大きな配当が的中することがあるので、その辺の取り捨てが難しいのです。

 

グレードレースの4頭絞りは以前から「ボス」や相棒の「道産子」さんと考えたものですが、土曜日に国際レースも含めて2鞍以上のグレードレースがある事、日曜日に4頭に絞れるグレードレースが1鞍ある事が必須条件です。

1月はグレードレースが少ないので2月から5月までと、10月から12月までほぼ半年ぐらいの間だけですのでチャンスは3回から4回しかないのです。

 

土曜日は馬単5万と3連単5万の合計10万円、馬単10倍未満カット、3連単50倍未満カットで購入し、プラスした分を元本引いて残りを日曜日のグレードレースにすべて投入しています。

時には土曜日に100万近くになる事もありますが、スリル満点でゾクゾクする購入法です。

3年から5年に1回ぐらいは成功しますので、成功すればプラス3000万くらいになる事もありますので、その面白さは特別なのです。

 

注意することは「Pランク」の上位3頭から2頭選出、下位3頭からも2頭選出する事で決して人気順には取らない事です。

馬体重や使ってきたレースのレベルなどをチェックしておくことが大切ですが、6頭しか対象馬がいませんのでそんなに時間が掛からないのでやってみて下さい。

 

私達は競馬で生活が出来ている様に見えますが、決してそうではなく普段普通に仕事もしながら頑張って来たからこそ、安心して好きな競馬が出来ると思っています。

競馬だけならマイナスの時もありますので、のんびりと生活を続けることはできないですし、安心感がありません。

 

今後もチャンスがある時はどんどんチャレンジしてみようと思っていますが、「勝ち逃げ」が好調ですので無理する必要はないので、それなりに楽しもうと思っています。

みなさんもチャンスを探してみて下さいスリル満点ですよ!

大勝負のチャンスは年3回はある!「通常買い特集」◆頁聾渭此

JUGEMテーマ:競馬

 私にとってもそうですが通常買いで大勝負出来るのは年間通じて4回〜6回はありますが、今年はこれまで3回のチャンスをことごとく失敗していたのです。

ところがこの「天皇賞秋」で今年の悔しさをすべて帳消しにしています。

 

別に大勝負するレースがG1でなくてもいいのですが、情報量の多さで4頭絞りに出来るレースが無いといけませんし、そんなに条件が揃うものではないのです。

先々週の「菊花賞」で大勝負した「ボス」は、最後の「菊花賞」が1着―2着―4着で大金を逃しておりますが、1年に何度かありますので5年に一度くらいは成功するものです。

 

今回私は辛うじてそのチャンスを「天皇賞秋」でものにできましたが、ここ3年間で11回失敗しております。

土曜日は「スワンS」と「アルテミスS」を4頭に絞って購入しましたが、内訳は下記の通りです。

馬単10未満カットで3連単50倍未満カットで購入、購入は5万:5万の比率です。

G2「ス ワ ンS」⇒10・08・03・06・04・02⇒10・08・03・06=馬単1,090円的中+118,900円

G3「アルテミスS」⇒08・02・05・03・14・11⇒08・02・03・11=馬単11,760円:3連単64,280円的中+414,360円

 

この2レースのプラス分の端数(33,260円)を残して500,000円を「天皇賞秋」で大勝負です。

G1「天皇賞・秋」⇒05・04・06・09・07・10⇒04・09・07・10⇒馬単2,370円:3連単24,230円的中+4,651,890円

 

こんなに凄いプラスになるのですが、どうして4頭に絞ったかをこれから説明します。

「スワンS」の4番「デアレガーロ」は最近のオープンクラスで良績がない事とマイナス体重が気に入らないので消し、2番「サフランハート」はオープン初戦では苦しいとみて消しにしました。

 

「アルテミスS」は5番「ミディオーサ」は休み明けのマイナス体重が気に入らないので消し、14番「ウインゼノビア」は時計的に足りないと判断して消しました。

 

「天皇賞・秋」は5番「スワ―ヴリチャード」は休み明けと「安田記念」からぶっつけのローティションが気に入らないで消し、6番「マカヒキ」はこれまでで一番状態が良くないので消しにしました。

 

そんなに難しくは考えていないのですが、本当に4頭に絞れないとこれだけのプラスを確保できないものです。

このセレクトをAIに任せられれば最高なのですが、それには沢山のデータが必要だという事です。

しかしどうやらグレードレースに限ればAIにセレクトさせられる時代が来るかもしれませんので、もう少し頑張りたいと思っています。

来週もチャンスがあったらチャレンジしてみたいです。

データ化してAI導入できれば?「通常買い特集」 頁聾渭此

JUGEMテーマ:競馬

 この2日間、準オープン以上の特別レースの「Pランク」をすべて提供させていただきましたが、研究員のなかでも「Pランク」の使い方は人それぞれですので、みなさんも自分なりのルール作りから始めてみて下さい。

 

★10月27日(メイン対象は準オープンクラス以上のレース)

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎京都09R01・02・03・06・04・05A1-2-0/170/210/-------/------「荻S」別定(オープン)

 

◎京都10R07・06・03・01・08・05A3-1-6/980/1,800/790/4,730「古都S」定量(準オープン)

 

◎東京10R04・12・11・02・10・06C4-12-0/520/1,030/------/-----「神無月S」定量(準オープン)

 

◎京都11R10・08・03・06・04・02A8-10-0/320/1,090/------/------「スワンS」別定(G2)

 

◎東京11R08・02・05・03・14・11C3-11-8/5,420/11,760/7,640/64,280「アルテミスS」馬齢(G3)

 

★10月28日(メイン対象は準オープンクラス以上のレース)

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎京都10R01・10・05・07・02・08C2-5-0/2,120/4,680/-------/-------「御陵S」ハンデ(準オープン)

 

◎東京10R09・02・06・08・07・05B2-0-0「紅葉S」ハンデ(準オープン)

 

◎新潟11R09・14・16・11・15・10E0-16-0「ルミエールAD」ハンデ(オープン)

 

◎京都11R10・09・07・02・11・05C10-2-9/950/1,620/910/4,300「カシオペアS」別定(オープン)

 

◎東京11R05・04・06・09・07・10B4-9-10/1,520/2,370/6,420/24,230「天皇賞秋」定量(G1)

 

単純に分類すると、ハンデ戦3戦1勝3着迄0、馬齢戦1戦1勝3着迄1、定量戦3戦3勝3着迄2、別定戦3戦3勝3着迄1となりますが、クラスで分類すると準オープン戦4戦3勝3着迄1、オープン戦3戦2勝3着迄1、グレード戦3戦3勝3着迄2となります。

更にPランク1位が絡んだレースは10戦中5回、2位が絡んだレースは10戦中7回となっています。

 

これだけでも沢山の事が分かるのですが、コツコツと十分な分析をすることでいろいろな事が判明してくるものです。

研究員の中ではハンデ戦をやらない人が多く、やってもグレード戦だけという方が多いですし、結構レースを絞ってくる方がプラスを残してるケースが多いです。

 

私もレースを絞る方でハンデ戦には手を出しませんが、自信のあるレースは資金を増額して購入しています。

「ボス」と私はよく似た購入をしますが、G1レースがある時は土曜日に大きく勝ったら日曜日のG1購入は大物狙いに行きます。

土曜日も日曜日も4頭に絞れるレースが目標なのですが、グレードレースで2頭消せるレースを探すのです。

今週はこちらの特集を組みたいと思いますので、次回はこの辺を探ってみたいと思います。

「通常買い」分かっているなら止めるべき!(馬五郎)

JUGEMテーマ:競馬

 「吾郎」のペンネーム「馬五郎」復活!という事でこれまで書いてきた事しかないのですが、新規に「Pランク」に興味を持った方がどんどんメールをくれていますので、研究室も対応に苦労している様子で嬉しい悲鳴を上げているようです。

私達は予想会社ではないので、営業活動も一切しておりませんのでみなさんも「Pランク」を利用してみて下さい。

 

何を言っても言われても人の意見を聞かない人、聞いても取り入れようとしない人など「ギャンブル」に関しては非常に難しいことが沢山あります。

私達がどんなに分かり易く説明してもその良さを取り入れて貰えないケースが多い事もあって、私は研究室から距離を置くようにしています。

それは自分の購入が妨げられてしまうからで、決して良いことではなくプレッシャーが大きくなってしまうので、自分自身のために研究室を離れました。

 

競馬で勝つ方法は「Pランク」に凝縮されていますし、その中に沢山のヒントがある事に気が付いて欲しいのです。

私の38年間の競馬歴の中で「Pランク」よりも優れたデータはありませんでしたし、コツさえ捕まえると軸馬から流すのか、ボックス購入するのかも、3年から4年で捉えられるはずなのです。

例えば準オープンクラス以上のレースだけを対象とするならそれを守るべきであって、特別レースだからといってそれ以下のレースはやらない事ですし、自分なりにルールを見つけて積み重ねて行くことが大切です。

 

馬を診断するだなんて素人には無理ですから無駄な事は省いて、自分なりのルール作りに専念するのが最良の方法です。

今週から特別レースの中の準オープン以上のレースは、ブログですべて取り上げて参りますので、最初にルール作りをしてみて下さい。

そしてハンデ戦はどんなレースが的中し易いのか難しいのか、また同じように別定戦・定量戦・馬齢戦・牝馬戦等に分類していくことが大切ですし、比較的簡単なデータ収集ですのでメモを用意してエクセルシートにまとめて、最終的にはアクセスに落としてデータベース化してAIを導入すれば的中率は素晴らしくアップします。

 

どんなことでもコツコツとやる事が大切で、デジタル化へ向けてはすべてアナログですからみなさんもコツコツとやってみて下さい。

私「馬五郎」の最後の御願いです。

通常買いでは冷静さが不可欠です!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 OB会や研究室のみんなが色々と書いてくれるので、ブログがとても面白いのですが、読者のみなさんはどのように感じているのか少し気になります。(良かったらメールでご意見を聞かせて下さい!⇒info@megajp.com)

私達の研究はこれからも終わる事がないのですが、誰かが継いで研究室が残ってくれることを願っています。

 

 今日は海外の競馬についての「Pランク」についてです。

レース日/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

◎10月07日10・19・05・13・14・07A10-19-0/590/750/------/-----「凱旋門賞」仏G1

◎10月20日14・18・02・13・06・01D1-13-2/6,750/11,800/13,190/80,160「コーフィールドC」G1

 

 

 

どちらのレースにも日本馬が出走しておりますが、私達の考えや思いは一切関係なく、「Pランク」は馬の能力だけで提供されていることが捉えることが出来ると思います。

実際には日本競馬のここ10年を振り返ると、色々な意味で競馬が熟成したことがタイム換算からしても、馬場状態からも分かると思います。

 

もちろん日本競馬よりも20年も30年前に熟成した欧州や豪州や北米は、最も進歩の度合いが緩やかでもまだまだ日本よりは奥行きがありますし、ダート競馬においては日本はもう少し時間が必要な状態です。

馬産地も努力はしているのですが、徐々に馬場の改良などが進んできておりすべてが順調に追いついている訳ではないのです。

 

それでも「サンデーサイレンス」から「ディープインパクト」や「ハーツクライ」、「キングカメハメハ」から「ルーラーシップ」や「ロードカナロア」、「ハービンジャー」等も含めて日本競馬の棚上げが加速していますのでこれからが本番です。

したがって私達はこれからの5年先、10年先を見ていますので、日本馬が出ているからといって「Pランク」に手心を加えることなく、冷静に機械的にランクを決めています。

 

もちろん心の中では日本馬を応援はしていますが、情報提供をしている以上は「的中させる!」という強い意志が必要な訳です。

「コーフィールドC」は軸馬候補のレース支配率がD(凄く難しい)でしたので、18番消しの5頭BOX買いで私も的中できましたし大幅プラスになりました。

日本馬は13着と14着と惨敗ですが、勝馬達の近くで競馬をしていましたのでこれが今の実力なのだと思います。

 

いつも偉そうにと思う方もおられると思いますが、私も長い間競馬では苦汁を舐めてきたのですから、言えることなのでどうかお許し下さい。

私達は純粋に競馬が好きでこんな研究をしていますが、予想会社ではありませんのでどうかみなさんも「Pらんく」を利用してみて下さい。