「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「競馬」での失敗と「仮想通貨」での失敗!(龍)

JUGEMテーマ:競馬

 「競馬」での失敗は何度となく罪を犯していますので、おそらくは書き切れない程、いやもしかしたら1冊の本になるくらいの失敗ストーリーがあるのです。

最近で一番面白いのは昨年の12月28日のG1に昇格した記念すべき「ホープフルS」、購入して的中したと思っていたのですが29日になっても入金がないのです。

 

調べてみると中山の11Rなのに阪神の11RのPランクをベースに購入してしまったのです。(笑)

「有馬記念」が終わっていたので、年末年始の準備で忙しく確認もしないで購入して30万円強の大損です。

こんなのは序の口で、以前は「勝ち逃げ」での購入ミスで310万もの損をした事があって、その時はショックで田舎に帰った事がありました。

 

そんな失敗に比べると「仮想通貨」での失敗は可愛いもんで、最初は勝手に投資したら家内に叱られると思ったので、マイニングから始めようと思って、パソコンを2台も3台も組み立てて24時間回し続けましたら、パソコンの支払いと電気料金が高くなって元を取り戻すまでに10カ月ほど経過、他に電気代の回収に4カ月ほどでこれはダメだとマイニングを諦めました。

12年5月からは少しづつビットコインを購入したましたが、この時は400円台でしたのでお小遣いで少しづつ買い足していきました。

この方がずっと良かったと思うのですが遠回りしてしまったのです。

 

でも、その年の11月には1,000円を超えて13年11月には12万円を超えたのですが、馬鹿なのでここで売却してしまったのです。

確かに大儲けになったのですが、それから5万円を切った14年3月くらいからまた買い始めたのですが、少しづつ買い足し16年4月まで買い続けました。

17年の2月にまた12万円を超えたのでそこでまた売却してしまいます。

 

ビットコインのまま持っていれば良かったのですが、途中でマンション住まいが嫌になって一戸建てを購入して、みんなの近くに引っ越ししたのです。

この無茶な買い物がなければ、今は5億円にはなっていたのですが本当に大失敗です。

しかも「創」さんも巻き込んでしまい家内に叱られてしまいましたが、その後17年3月からまた少しづつ買い始めたのです。

ところが11月に入ってどんどん下がり始めたので70万円で全て手放しましたたら、その後上昇し続けて220万まで上がり続けたために購入するチャンスを逃してしまったのです。

 

「創」さんとは相談しながらやっていますので、今はビットコインから離れ他の仮想通貨(アルトコイン)を5種類くらいづつ資金を振り分けて購入して利ザヤを取っています。

でも売り買いのタイミングが非常に難しのですが、レバリッジ取引をしていない分ノンビリと楽しみながらやっています。

まあ、大きな失敗はなかったのですが、あの時家を購入していなければ一戸建てが10軒は建てられたと思いますので、本当に勿体ない事をしてしまったのです。

 

研究室でもレバリッジ取引をして2,000万も赤字になった人もいるみたいですが、無いお金で購入するのでFXや株と同じで非常にギャンブル性が強くてお勧めできません。

手元にあるお金でやるのが一番ですし、程々が良いのです。

「競馬」と「仮想通貨」の違い!(龍)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の場合、「競馬」は「勝ち逃げ」なので殆ど「土日が勝負」の日となりますが、「仮想通貨」は「毎日が勝負」となります。

「勝ち逃げ」では中本式が1口240,000円、ココモ式は1口376,000円が必要で、実際に成績を載せているのは10口単位となっていますが、10口単位にしないと割り切れない数が沢山出てくるからです。

 

およそ1開催で10口計算すると関東3コースで1,000万、1口なら100万となりますので東西合計6コース1口で200万というのがベースになります。

これで1ヶ月20万から40万は利益を出したいという事で頑張っていますが、土曜会員はこれまでプラス992,000円で日曜会員はプラス1,113,000円となっています。

資金は2ヶ月弱で倍になっていますし、マイナスのコースもありますし特別大きなプラスのコースもあるのです。

 

「仮想通貨」の場合は古くからビットコインを購入した方達とは違って今年から始めたとして、200万の資金で私も1月6日以降から始めてみましたが、買い価格と売り価格の間に8%前後の差が出てしまいますのでそれ以上に上下しないと、売却しても利益がでない事が多いので、価格が20%上昇したら売却するようにしています。

レバリッジ取引は現在の状態では危険ですので、基本は現物取引ですが安い時に3種類〜6種類を購入して、価格上昇を待って利ザヤを確保しています。

 

13%〜15%でも利益は出るのですがチャートのチェックも大変ですので、時間のある時にチェックして売買を繰り返していますがこの2か月間弱で670,000円の利益がでました。

こうして考えると、「競馬」の方が儲かるように考えられますが決してそうではなくて、「仮想通貨」でも「競馬」でも損することはあるものと考えた方が正解です。

 

一つ言えることは「仮想通貨」はゼロになる事は少ないですが、「競馬」はゼロになる事はよくありますのでどちらも「ギャンブル」ではあるのですが、「競馬」の方がギャンブル性が強いという事になります。

みんな「勝ち逃げ」で勝っても、重賞レースなどの他の勝負に負けてしまうケースが多く、年間ではマイナスなってしまう人も多いのも事実なのです。

 

逆に「仮想通貨」は事故が多くなっているので保証制度が確立されなければ、事故った「仮想通貨」は戻らない事になってしまいますし、上手に付き合わなければ損することは当たり前なのです。

ノンビリとお付き合いするのが最良なので、勉強しながらゆっくりと進めてみて下さい。

クラシック候補達の戦い!Part7(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 昨年6月のデビュー戦から記録を始めた2歳馬達の戦いも、3歳となってクラシックに向けての最終調整に入りました。

3月にはいろんな意味で地方行が決まったり、早々に引退に追い込まれ乗馬にされる馬達もいて、結論迫られる次期が近づいていますので、いろんな側面から競馬を観なくてはいけないと思います。

 

3歳馬の「デビュー戦」・「500万」・「オープン」を中心に情報をお届けします。

 

※「デビュー戦」2月17〜18日

◎京都17・D1800稍「チュウワウィザード」(キングカメハメハ)・1.55.1

◎東京17・D1400良「アラスカノオーロラ」(キンシャサノキセキ)・1.27.8

◎小倉18・芝2000良「ダンサール」(ハーツクライ)・2.02.7

◎東京18・芝1800良「ライラックカラー」(ルーラーシップ)・1.50.2

 

※「500万下」2月17〜18日

◎小倉17・芝1200良「ラブカンプ―」(ショウナンカンプ)・1.09.0(かささぎ賞)

◎京都17・芝1400良「デルニエオール」(ステイゴールド)・1.24.5

◎京都17・芝1800良「ユーキャンスマイル」(キングカメハメハ)・1.49.0(つばき賞)

◎東京17・芝1600良「ハーレムライン」(マンハッタンカフェ)・1.34.6

◎東京17・芝2000良「ギベオン」(ディープインパクト)・2.01.5(フリージア賞)

◎京都18・D1400良「レピアーウィット」(ヘニーヒューズ)・1.25.7

◎東京18・D1400良「バイラ」(ヘニーヒューズ)・1.25.2

 

※「オープン」

◎東京18・D1600良「スマハマ」(ネオユニヴァース)・1.38.5(ヒヤシンスS)

 

今開催はこの世代が初産駒となる「ヘニーヒューズ」・「ロードカナロア」・「オルフェーヴル」産駒が、頑張りましたし「ディープインパクト」産駒や「キングカメハメハ」産駒や「ハーツクライ」産駒は相変わらずコンスタントに勝ち上がってきていますので楽しみです。

もうクラシックまで2カ月ですから、これからのレースは本当に激戦となりますので調整も難しくなります。

クラシック候補達の戦い!Part6(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 「信」さんから引き継いだWeb競馬塾「期待の新種牡馬たちの産駒の活躍!」は、「クラシック候補達の戦い!」に名前を変えて僕が担当することになりました。

 

3歳馬の「デビュー戦」・「500万」・「オープン」を中心に情報をお届けします。

 

※「デビュー戦」2月10〜12日

◎京都5・D1400稍「ロンリーハート」(サウスヴィグラス)・1.27.9

◎京都6・芝1800重「ビービーディフ」(オルフェーヴル)・1.53.0

◎東京5・D1600良「ヴェスティード」(トーセンホマレボシ)・1.40.0

◎東京6・芝1600良「グロンディオーズ」(ルーラーシップ)・1.37.0

◎小倉2・芝1200良「エイシンデネブ」(ロードカナロア)・1.09.7

 

※「500万下」1月6〜8日

◎小倉1・芝2000稍「エポカドーロ」(オルフェーヴル)・2.00.8(あすなろ賞)

◎京都5・芝1600稍「パクスアメリカーナ」(クロフネ)・1.35.7(こぶし賞)

◎京都6・D1800不「グレートタイム」(キングカメハメハ)・1.51.6

◎東京5・芝1400良「イサチルルンルン」(パイロ)・1.22.5

◎東京6・D1600良「イダペガサス」(ゴールドアリュール)・1.38.0

 

※「オープン」

◎東京5・芝1800良「オーケンムーン」(オーケンブルースリ)・1.47.4(G3共同通信杯)

◎東京6・芝1600良「テトラドラクマ」(ルーラーシップ)・1.33.7(G3クイーンC)

 

「クイーンC」はハイペースで流れ優秀な時計となりましたし、クラシックに向かう馬達もだいぶ絞られてきたと思います。

これからデビューする馬達にはちょっと難しくはなりますが、気になる馬も何頭かいますしこのままではクラシックに間に合わない馬もいます。

これからは賞金を重ねるために目一杯の勝負が必要になるのです。

 

クラシック候補達の戦い!Part5(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 いよいよクラシックに向けての戦いが大詰めを迎えます。

4月8日の桜花賞、4月15日皐月賞に間に合わせるためには、3勝目を狙うかトライアルレースで上位に食い込むしかチャンスがないので、残り2カ月が最後のチャンスとなる訳です。

この作業も3月一杯で、準オープン以上に切り替わ6月までのデビュー戦を待ってまた新しい世代の記録を残していく訳です。

 

こうして3年間同じことを続ければいいのですが、なかなか出来るものではないのです。

僕達「競馬塾生」も20人以上は在籍があったのに、途中でギブアップしたり卒業してから辞めたりで14人まで減ったのですが、普通はきっと半分も続けられないと思っています。

 

僕らの時は就職難もあって頑張れたこともあるのですが、競馬が好きだからこそ続けられたと思っていますし、一人ではなかった事が続けられた最大の要因だと思います。

みなさんも頑張って最後まで頑張って下さい。

 

3歳馬の「デビュー戦」・「500万」・「オープン」を中心に情報をお届けします。

 

※「デビュー戦」2月3〜4日

◎京都3・芝2000良「スズカテイオー」(ディープインパクト)・2.05.4

◎東京3・D1400不「プリンセスケイト」(ハードスパン)・1.26.0

◎東京3・芝1800稍「ノーブルカリス」(ゼンノロブロイ)・1.50.1

◎京都4・D1800稍「カリブメーカー」(エンパイアメーカー)・1.55.9

◎東京4・D1600不「アサクサスポット」(ワークフォース)・1.39.5

 

※「500万下」1月6〜8日

◎京都3・D1200稍「メープル」(マンハッタンカフェ)・1.13.1

◎東京3・芝1400不「アルモニカ」(ロードカナロア)・1.22.2(春菜賞)

◎東京4・芝2400稍「ブラストワンピース」(ハービンジャー)・2.27.6(ゆりかもめ賞)

 

※「オープン」

◎京都3・芝1600良「レッドサクヤ」(ディープインパクト)・1.35.6(エルフィンS)

◎京都4・芝1800良「サトノフェイバー」(ゼンノロブロイ)・1.48.8(G3きさらぎ賞)

 

馬場も悪かったし難しさもありましたが、なかなか見応えのある2日間でした。

 

 

「Win5」はこうして的中させよう! 平)

JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」は4週連続で的中という新記録が達成されましたが、数少ないその的中のおこぼれを授かったのです。

開幕週から6回の「Win5」で4週連続は凄い事なのですが、それよりも何よりもこのままで1年分の購入額を超えてしまった訳で、めでたくも今年のプラスが確定したのです。

 

★1月28日★購入3×3×3×4×4=432点⇔的中 配当1,747,840円

●京都10R03・07・09・11・01・04⇔07←勝馬

ここは1番・7番・4番を残しましたが、3番はこのクラスで苦戦、9番は4歳馬で気になるが前走6着で、11番も前走7着で消しにしました。

 

●東京10R11・02・09・01・03・05⇔09

ここは上位3頭の4歳馬で大丈夫と決めて絞りました。


●中京11R11・04・07・02・06・03⇔11

ここは5カ月休みの3番と同じく休み明けの2番と年齢的に厳しい6番は消しにして、残り3頭に絞りました。

 

●京都11R02・08・01・13・15・07⇔01

ここは7番は近走成績が悪くて消し、2番も実績がないのに人気先行で消しにしました。

 

●東京11R08・06・07・02・14・12⇔14

地方の12番は如何にも厳しく消し、7番も年齢的にもメンバー的にも厳しく消しにしました。

 

まあそのくらいしか方法がないので4歳馬はできるだけ残すようにしていますが、実績重視で考えています。

 

僕は研究室には大学生時代からのアルバイトで行っていた事からスタート、そしてPC工房「Room365」でPCの組み込みや修理の仕事を手伝って、エンジニアとして独立後は週末に研究室に集まって競馬を楽しんでいます。

競馬に興味を持ったのもアルバイトで研究室来るようになってからなのですが、「競馬塾」で2年間ビッシリと勉強してその楽しみ方を覚えました。

 

今ではドップリと競馬の世界に浸ってしまったのですが、いろいろと失敗もあって反省しながら取り組んできましたし、上下関係も無くてストレスのない環境でみんな仲間という事でとても良い環境です。

ギャンブルですからそれなりにプレッシャーはあるのですが、仲間がいるので意外とリラックスして楽しむ事が出来ます。

「Win5」は「Pランク」を上手に組み合わせる!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今回は3週連続の最後1月21日の「Win5」的中についてです。

 

◎1月21日 購入3×5×2×4×2=240点⇔的中 配当566,080円

●京都10R04・10・02・01・13・03⇔02←勝馬

ここは4番がクラス実績ですが安全策で上位3頭に絞りました。

1番は2連勝でクラスが2クラス上がって厳しいし、13番は前走負け過ぎです。

 

●中山10R04・01・03・05・12・07⇔07

ここは休み明けの5番だけ消し、残りは前走頑張っているので残しました。

 

●中京11R08・09・12・10・15・01⇔08

ここは8番が負けることはないと信じてましたが、連勝の9番は怖かったので残しました。

 

●京都11R11・07・06・04・02・08⇔02

ここは連勝でクラスが2つ上がった11番は厳しいと思って消し、4番も同じ理由で消しにして残り4頭を購入しました。

 

●中山11R03・07・05・01・08・11⇔07

ここは上位2頭で大丈夫と思ってこの2頭に絞りました。

 

意外と淡々と決めていますが、馬体も馬体重をチェックできないしこれまでの実績重視なのですが、キーポイントは中山10Rでした。

4頭に絞るか5頭に絞るかで迷いましたが、他のレースで点数が絞れそうだったので助かりました。

絞ってしまうタイプなのでいつもならこのレースでハズレなのですが、今年は少しは教訓が活かされているようです。

 

昨年もそうでしたが暫くは的中が無くて苦労したものですが、夏以降に花火のようにど〜んと大きいのが的中してプラスが確定したように「Win5」は予測が不可能なのです。

買い続けることが大切ですが、的中確率が高い宝くじみたいなモノと考えた方が良さそうです。

 

さて記事の発表が終わらないうちに4週連続の的中がでましたが、残念ながら私は的中させることができませんでした。

残念ですが的中した方に4週目をバトンタッチしたいと思います。

私達も長年競馬を楽しんでいますが、「Win5」だけは本当に難しいと考えていて的中したらラッキーだと思うようにしています。

また、この記事の担当になれるように頑張ります!

クラシック候補達の戦い!Part4(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 「信」さんから引き継いだWeb競馬塾「期待の新種牡馬たちの産駒の活躍!」は、「クラシック候補達の戦い!」に名前を変えて僕が担当することになりましたが、今週は開催替わりクラシック挑戦へのチャンスもどんどん少なくなっています。

 

3歳馬の「デビュー戦」・「500万」・「オープン」を中心に情報をお届けします。

 

※「デビュー戦」1月27〜28日

◎中京27・D1400稍「ダニエル」(ハードスパン)・1.26.1

◎京都27・D1200稍「シヴァージ」(First Samurai)・1.14.7

◎東京27・D1600不「プリンセスノンコ」(Orb)・1.39.5

◎京都28・芝1600良「アシュリン」(マンハッタンカフェ)・1.36.7

◎東京28・D1400不「オータムヘイロー」(ゴールドヘイロー)・1.27.3

◎東京28・芝1800良「フィエールマン」(ディープインパクト)・1.51.3

 

※「500万下」1月27〜28日

◎中京27・D1400稍「バーンフライ」(ゴールドアリュール)・1.26.0(はこべら賞)

◎京都27・D1800稍「アスクハードスパン」(ハードスパン)・1.55.0

◎京都27・芝2400良「メイショウテッコン」(マンハッタンカフェ)・2.28.9(梅花賞)

◎東京27・D1600不「ダンケシェーン」(ヘニーヒューズ)・1.37.4

◎京都28・芝1200良「オジョーノキセキ」(キンシャサノキセキ)・1.10.4(若菜賞)

◎東京28・芝1800良「ハッピーグリン」(ローエングリン)・1.49.8(セントポーリア賞)

 

※「オープン」

◎東京27・芝1400稍「リョーノテソーロ」(Justin Phillip)・1.22.3(クロッカスS)

 

徐々に有力馬が絞られて来たと思いますが、これからも質の高い若駒がでてくる可能性がありますので、しっかりとレース分析もしておきましょう。

2月になるとクラシック対象は2勝馬以上に絞られてきますし、残りはトライアル(指定レース)の上位馬という事になってクラシック候補はどんどん少なくなっていくので、この2月から3月が正念場となります。

 

もう少しで1年分が完結するのですが、このノートが3年続くと十分な序列が出来上がる訳です。

頑張りましょう。

「Win5」は「Pランク」を上手に組み合わせる!◆塀戞

JUGEMテーマ:競馬

 前回は最初に的中した1月8日の「Win5」について解説したところで話が終わりましたので、今日は今年2番目に的中した1月14日を解説します。

最初に5回の勝負で1,536点でしたので、平均購入点数はおよそ307点でいつもより(360点平均)少なめです。

 

◎1月14日 購入2×2×5×4×3=240点⇔的中 配当303,440円

●中山10R06・10・03・08・09・04⇔06←勝馬

ここは6番がG1勝ちもあって実績断然ですが、3番との2頭を選出7歳馬以上は勝馬対象から外しました。

もちろん長期休み明けの10番も候補から外しました。

 

●京都10R01・07・08・06・04・05⇔08

ここは明け3歳のメンバー、1番の連勝と8番のG1最先着に賭けました。

 

●中京11R04・06・13・15・03・18⇔18

ここはどれでも来そうな感じで迷いましたので、前走から4番を外しました。

 

●中山11R10・15・05・08・07・01⇔15

ここは3歳戦にしては難しいレースで上位4頭を選びました。

 

●京都11R03・07・08・02・10・01⇔07

ここは難しいレースですが上位3頭を選びました。

 

馬体重の発表がもう少し早めにあればもっと絞れるのですが、それはもう無理ですので近走2桁着順だったり、年齢的に7歳以上の馬は外すようにしています。

何れにしても古馬戦は4歳馬のレベルが高い場合は4歳馬中心に選びますし、若駒の3歳馬は近走を大事に選んでいきます。

寒さが厳しい冬の年は馬体が絞れなくて難しいレースが多いので難しいのですが、「Pランク」は最初から6頭の中から勝てる条件の馬を見つけ出す訳ですから、そんなに難しくないのです。

 

「Pランク」に選ばれる馬は人気も実力もある馬が多いので、自分なりのルールを決め手対応すればもっと的中が増える筈です。

次回は21日の「Win5」を取り上げたいと思います。

「Win5」は「Pランク」を上手に組み合わせる! 塀戞

JUGEMテーマ:競馬

 今年は「メインレース」(準オープンクラス以上のメイン)と「Win5」対象レースの「Pランク」が無料で提供されています。

最初の一開催で5回も「Win5」のチャンスがありましたので、みなさんの中でも参考にして購入している方が多いと思いますが、今回は配当が低いものの3週連続で「Win5」が的中できたのは研究室では私一人でした。

 

ラッキーだったのですが、私の場合は1鞍2頭〜4頭に絞りますので最低は32点で最高は1,024点となるのですが、多いのが3×3×3×4×4=432点か2×3×3×4×4=288点で、平均的には360点がベースになっています。

年間では360点×55回=19,800点となって1点100円で198万円の資金が必要なのです。

 

随分と大きな金額になってしまうのですが、「Pランク」内で決まったこれまでの最高額は800万円台、昨年も600万円台の配当が的中しているので、買い続けているとプラスにはなる筈なのです。

きっとマイナスする人はどこかで選ぶ馬を間違えている訳で、「Pランク」を参考にしていればプラスなるのにそのチャンスを逃している事になります。

 

5日間の結果を追ってみましょう。

◎1月6日 購入3×2×4×3×4=288点⇔ハズレ(1鞍目が外れでした)配当867,350円

●京都09R01・02・04・06・07・03⇔08←勝馬

●中山10R04・07・02・05・08・03⇔04

●京都10R03・10・09・01・05・08⇔09

●中山11R06・01・09・07・17・05⇔06

●京都11R07・02・13・09・12・11⇔09

 

◎1月7日 購入3×4×3×4×4=576点⇔ハズレ(5鞍目が外れでした)配当2,974,900円

●京都09R13・02・03・07・08・01⇔03←勝馬

●中山10R16・02・15・14・06・13⇔02

●京都10R03・07・04・05・06・01⇔07

●中山11R16・14・07・01・05・10⇔14

●京都11R05・07・04・02・09・08⇔06

 

◎1月8日 購入3×2×4×2×4=192点⇔的中 配当112,220円

●京都09R02・07・06・08・05・10⇔08←勝馬

●中山10R02・06・09・01・08・03⇔06

●京都10R15・10・14・12・08・16⇔12

●中山11R06・02・08・05・01・07⇔06

●京都11R03・02・09・01・11・08⇔03

 

◎1月14日 購入2×2×5×4×3=240点⇔的中 配当303,440円

●中山10R06・10・03・08・09・04⇔06←勝馬

●京都10R01・07・08・06・04・05⇔08

●中京11R04・06・13・15・03・18⇔18

●中山11R10・15・05・08・07・01⇔15

●京都11R03・07・08・02・10・01⇔07

 

◎1月21日 購入3×5×2×4×2=240点⇔的中 配当566,080円

●京都10R04・10・02・01・13・03⇔02←勝馬

●中山10R04・01・03・05・12・07⇔07

●中京11R08・09・12・10・15・01⇔08

●京都11R11・07・06・04・02・08⇔02

●中山11R03・07・05・01・08・11⇔07

 

購入したのは全部で1,536点で1点100円で合計153,600円、払い戻しは981,740円となってプラス828,140円となりました。

こちらは3回程の特集で書いてみますが、みなさんが一番興味があるのは消し馬と選出馬のルールだと思いますので、最初に的中した1月8日(購入3×2×4×2×4=192点)についての分析をします。

 

●京都09R02・07・06・08・05・10⇔08

ここは4歳馬が強いとみて7番と8番はクラス2着の実績があるので残し、それに成績が良い2番を残しました。

 

●中山10R02・06・09・01・08・03⇔06

ここは2番と6番で決まりと見て2頭に絞りました。

 

●京都10R15・10・14・12・08・16⇔12

4歳馬の10番を含む上位4頭を選びましたが、今日一番難しいレースと思いました。

 

●中山11R06・02・08・05・01・07⇔06

ここは上位2頭が力抜けており、近走の成績からも絞れるレースです。

 

●京都11R03・02・09・01・11・08⇔03

ここはチョットだけ心配で上位4頭にしましたが、休み明けの3番があっさり勝ってくれて的中しました。

 

この日は京都10Rで迷いましたが、あっさり決まって配当も安かったものの初当たりですから本当にうれしかったです。

私の場合は近走の成績を重視して選んでいますが、次回は14日と21日を分析しましょう。