「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
競馬はこうして勝て!「G1レースの狙いと購入のテクニック」(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今回はG3「ダイヤモンドS」とG1「フェブラリーS」を例に取り上げますが、私達の「Pランク」を利用して購入している方の90%弱は「勝ち逃げ」が主流で「通常買い」は10%強となっております。

正確にはG1レースだけを対象と考えると全体の95%の方が「通常買い」で勝負しているようです。

 

メインレースの中でもG1レースは、特別なレースという事もあって「勝ち逃げ」とは違った楽しみがあるようです。

したがってG1>G2>G3の順でレース後に復習の意味も込めて、おさらいをしておきたいと思います。

 

★東京11R「ダイヤモンドS」G3

軸12番(G2で1着)⇔相手8番・7番・1番・4番⇔消し馬11番(馬体重が増えて重め残り)

結果⇒馬連2,040円・馬単2,660円・3連複1,870円・3連単9,850円的中

購入は私の場合は10万円、馬連50%:3連複30%:3連単20%(90倍以下カット)で購入、払い戻し8.8:6.9:16.7−10万=+22.4万です。

 

★東京11R「フェブラリーS」G1

軸3番(前走の敗因は出遅れ)⇔相手10番・6番・9番・11番⇔消し馬4番(最近は自分の展開でも5着が精一杯)

直前になって6番も近走が悪いだけでなく、この季節に馬体が減ったことが気に入りませんし消し馬にしたかったくらいです。

結果⇒馬連1,470円・馬単2,520円・3連複2,140円・3連単9,240円的中

購入は前日と同じく10万円、馬連50%:3連複30%:3連単20%(90倍以下カット)で購入、払い戻し18.2:13.5:8.3−10万=+30万です。

 

 私達は師匠(吾郎さん)と違ってパドックも返し馬も、診ることが出来ないというハンデを背負っていますので、馬体重の発表後にすぐに消し馬を出せるようにしておきます。

ところがパドックのチェックをしていると3鞍もメインがある時は、最初のレースが購入不可能になってしまいますし、とても無理があるのでパドックをチェックしてからの情報はやはり無理なのです。

 

そこで私達は研究室のみんなで消し馬を選び出すことから始めました。

「ダイヤモンドS」では太目になった11番・マイナス10キロの4番・休み明けで馬体変わらない7番と3頭が候補になりましたが、やはりこの中では11番がハッキリとした理由があったのです。

4番は同体重で3着があり候補から外れましたし、7番は昨年海外遠征後の初戦がこのレースで2着に来てますので候補から外しました。

 

「フェブラリーS」は近走成績が悪い4番・6番・11番の3頭が消し馬候補になったのですが、この馬体でも実績があるし昨年の2着馬という事で候補から外れましたし、6番は最後まで迷いましたが残しました。

ところが4番は近走自分の勝パターンでも掲示板が精一杯ではG1は厳しく消し馬になったのです。

こんな感じで十分にプラスになるのがうれしいです。

私達の「ギャンブル依存症」との戦い!どうして克服したか!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 「ギャンブル依存症」は私たち研究員も9割の人が何らかの形で経験しており、それがパチンコだったりスロットだったり、競輪や競馬、競艇だったりとそれはもう様々ですが、中には麻雀やゴルフやボーリングなどのケースもあったりして、いろんなギャンブルがあるものです。

 

私は競馬とパチンコでしたから、当時のエンジニアの仕事は土日も関係なく残業も多く、ストレスがたまると仕事を休んで平日はパチンコ、土日は競馬がパターンでした。

OB会のみんなも話を聞くとほとんどが同じようなものですが、どうやら「ボス」と「龍」さんだけは最初から「ギャンブル依存症」ではなかったようで、「ボス」は競馬の観戦が好きで、「龍」さんは生活の足しに競馬を始めたようです。

 

でも一旦この「依存症」になってしまうと抜け出すのは大変なもので、私の場合はちょっと大変でした。

母と父が早く亡くなったので、相続した財産も有ったし「依存症」はどんどん酷くなって、財産をすべてなくして「競馬塾」に通った頃には、借金が残っていて返すために懸命に働いでいた時期でした。

失うのは5年もかからなかったですが、取り戻すのに20年も費やしたようにギャンブルで勝つという事は本当に大変な事です。

 

「依存症」からは財産を失くして自然と身動きできなくなって、食べることも困難になりパチンコも競馬もできなくなってしまったからですが、競馬塾では2年近く馬券購入を許されなかったことが「依存症」克服への第一歩となりました。

今もそうですがそのルールを破ったらすぐに退塾となります。

仕事をまじめにして貯金することから始まりますので、懸命に頑張るしかないのですが、当時は150万貯まったら同じ額が研究室から借りられますので、300万でやっと「勝ち逃げ」に参加できるのです。

1年で貯まる人もいれば、3年かかる人もいますが脱落する人が多かったです。

 

 それに話してみると最初から競馬が好きな人は少なくて、圧倒的にギャンブルとして好きだった人が多かったし、それはそれぞれに違っていました。

でも勉強していく内に、競馬の面白さが分かってくるのですから不思議なものです。

こうして経験や勉強が積み重ねられ、競馬にはギャンブル以外の楽しみ方もあると気付くのです。

それに私には、両親が残してくれ失った「住まいを取り戻す」という目標がありましたので、それこそ必死でした。

 

諦めずに頑張れたのは色々な理由があると思いますが、私の場合は競馬が本当に好きになったからで、勝ち負けだけでなく推理する楽しみを知って冷静に競馬を見れるようになりました。

外れてもそれを反省材料にして修正ができるようになったのです。

みなさんも頑張ってみてください。

競馬はこうして勝て!◆峭愼資金について」(創)
JUGEMテーマ:競馬
 今回はメインレースの場合どのぐらいの購入資金を用意したらいいのかについてです。
私達の購入は1鞍24万円か25万円を振り分けてハンデ戦とその他のレースを区別していました。
でも、今後の購入が馬連と3連複の時もあるという事で、先週から25万円に統一しましたが、最初からこの金額で購入していたのではありません。

最初は1鞍25,000円を振り分けていましたので、購入式は土日分で20万円から30万円でした。
2日分で毎週用意する金額は多少の違いはありますが、この金額で先週勝負したとしますと、21日が「平安S」がプラス193,960円、「メイS]はマイナス25,000円でトータルではプラス168,960円と見事なプラスになります。
22日は「韋駄天S」がプラス144,880円、「伊勢志摩S」がマイナス25,000円、「オークス」がプラス93,890円となって、トータルはプラス213,770円で2日間では382,000円強のプラスになります。

この勝った金額を残して置き、次々に加算してしていけばいつかは1鞍25万円で購入できるようになるのですが、もちろん1鞍50万円で購入する人もいるでしょうし、中にはもっと大きな金額で勝負する人もいます。
購入金額が大きくなるともうそれは「競馬を楽しむ」という次元ではなく、本当の勝負の世界(ギャンブルの世界)になって楽しむなんて事ではなくなってしまうのですが、そんな究極な勝負を好む方もいるものです。

 私もそんな緊迫した土日を送ったことがありましたが、精神的にはあまり良くないもので胃の痛い思いをして苦しんだ事もありました。
あまり欲を出さないでコツコツとなんて似合わないのですが、今は家族がいますのであんまり無茶はできないのです。
もちろん家内も分かっているからこそ、私には会社を手伝うぐらいが丁度いいと帳簿付けぐらいで我慢してくれるので、本当に助かります。
今は会計ソフトが充実してますのでとても楽なんですが、賃貸物件の管理が一番大変です。

話が脇道にそれてしまいましたが、本来の私の姿は皆さんもご存じの通りつい勝負したくなってしまう事が多く、一時期は両親の残した財産を競馬で全部失くしてしまったのですから、今やっとそれを取り戻しただけなのです。
コツコツと「勝ち逃げ」をやったり、「通常買い」を「吾郎」さんに教えて貰ってやっと、21年かけて取り戻しただけなのです。
失くすまで6年で、取り戻すのに21年間ですから割の合わない事で、自分の心の中では納得ができていないのですが、自分なりに「吾郎」さん達と話し合いながら少し購入システムを改良し、良い結果を残せるよう頑張っていきたいと考えています。

したがって皆さんも決して最初から無理しないで「競馬を楽しむ」くらいから、この「メイン情報」を上手に活用して欲しいと思っています。
競馬はこうして勝て!「購入比率について」(創)
JUGEMテーマ:競馬
 今年はOB会でノンビリとなんて考えていたのに「ボス」のお願いで、「吾郎」さんと「道大」さんにお手伝いさせてもらう事になってしまいましたが、これまで時間がなく馬単・3連複・3連単の3種に分けて購入していた方法が、今回の「メイン研究室」の課題になったのです。

私も一昨年の後期ぐらいから気が付いていた「馬連と馬単」の逆転現象、「3連複と3連単」の逆転現象なのですが昨年は殆どのメインレースがその逆転現象になって、ほぼ10%ぐらいのプラスを損した形になりました。
原因は「馬連と馬単」の場合は単純に「馬単」の方が配当が高いので、「馬単」有利と思い込んでしまった事、「3連複と3連単」の場合は単純に平均値を出さなかった事と、「3連単」の購入が軸を1着と2着に固定することが多くマルチでの購入が少ないからです。
「吾郎」さんと「道大」さんの二人だけで研究を続けた結果、時間的にその部分の購入比率のチェックまで研究が及ばなかった勝ったようです。

そこで今日は先日行われた「オークス」は、実際の購入は2,500で馬単4点800:3連複6点900:3連単1着固定12点800の購入比率、払い戻しは順に2,555:3,677:5,657となって、プラス9,389となりましたが、これまで通りの購入では馬単8点900:3連複6点800:3連単軸を1着と2着固定24点800がパターンで、この場合の払い戻しは1,822:3,269:3,479となって、プラスは6,070になってしまいますので、36%も少なくなります。
もしこれが馬連4点1,200:3連複1,300の購入比率なら、払い戻しは2,734:4,914となって、プラスは5,148になってしまいます。

馬券を購入する前にそれをチェックして1番効率の良い購入を考えるなら、実際の購入がシュミレーションできている事と、「馬連」か「馬単」しか的中しなかったときは、その的中で購入資金が戻ってくることが大切ですし、3連単は軸が3着になったらマルチで購入しなければハズレになってしまいますので、その危険がある場合は「3連複」に購入をまとめる事ができれば最高です。
これなら年間のプラスもグーンと良くなりますが、プラスよりも「3連単」に拘る方もいる筈なので強制はできないのです。

多少のミスはあるものですし、メインとメインの10分間のうちに2鞍のレースがスタート、購入する時間はたったの5分ですからめちゃくちゃ忙しい思いをするのですが、徐々に慣れてきたように、おそらくあと2か月もあれば完全に熟せる様になっている筈です。
今回はたまたま1着固定にできた場合のレースを取り上げましたが、機会があったらいろいろなケースを取り上げていきたいと思っています。
「馬連と馬単の比較」と「3連複と3連単比較」の面白さ!(創)
JUGEMテーマ:競馬
 これまでの私たちの「メイン通常買い」は、「勝ち逃げ」によって20年余りも封印されたこともあり、私も研究することを忘れてしまっていました。
ところが「ボス」の部屋にはいつも「通常買い」の資料はいつもあったような記憶があるのですが、いつか使えるようになると「吾郎」さんとは研究を続けていたのでしょう。
5年前に「通常買い」にチャレンジしたいと言い出した時は、みんなに反対され結局は「ボス」は第一線から身を引くことになったのですが、今ではその実績に誰も反対することさえも出来ないくらいです。

結局は本来の「勝ち逃げ」成績が降下しても対策が取れない程になって、今回やっと「勝ち逃げ」も再編に向けて動きだしました。
私も含めやっと大切なことに気が付いたという事なのかもしれないのですが、基本的な事を本来の方法に戻すようみんなが努力する必要が有り、組織の再編をして動き始めました。

これまでも私と「シゲ」さんは競馬を始めたころから、「通常買い」がメインだったこともあって、「吾郎」さんが来た頃から「馬単と馬連」、「3連複と3連単」のオッズ推移には注目をしてきたのですが、徐々に同じ組み合わせでの均等外では、その関係が3年目辺りから逆転傾向にある事が分かり、昨年はその傾向が強くなって殆どのレースで逆転現象が起こりました。
そこで「吾郎」さん達と話をして、チェックしてからの購入を提案したところ快く受け入れてもらえましたので、今回の改革に参加させて戴くことになりました。

その結果、土曜日は1勝1敗でプラス2,995、日曜日も1勝1敗でプラス19,485と合計で22,480と、いつもよりプラスは2,176も多くなりました。
現在はハンデ戦2,500、それ以外2,400という購入ですから、ほぼ1鞍分のプラスが増えたことになり、以前よりも効率よくプラスができるようになったのです。

ただ、情報提供は決まった形式で伝達されますので、その利用については人それぞれで、どうしても「3連複」だけで購入したいという方も、いや「馬連」で勝負という方もいろいろと選択技はあると思いますが、それぞれの方法が納得できる方法であればどんな方法も間違いではないのです。
先々週、馬単2点買いで大逆転した購入も提示できましたし、これからの「メイン通常買い」には注目してください。
システムが完全に完成した時は、必ず的確な情報が伝達できるようにしたいと思っております。
「ヴィクトリアマイル」の事!「凱旋門賞」などなど!(創)
JUGEMテーマ:競馬
 「ヴィクトリアマイル」は牝馬のG1ですが、G1馬クラスが沢山出走で本当に面白いメンバーが揃いました。
筆頭は「ミッキークイーン」で「オークス」と「秋華賞」を勝って2冠馬、休み明けの前走は「スマートレイアー」の2着ですが今回は2戦目で期待できそうです。
続いて「ショウナンパンドラ」は「秋華賞」と「ジャパンカップ」を勝っていますが、1,600mはギリギリですが守備範囲です。
「ストレイトガール」は昨年このレースの勝ち馬、その後「スプリンターズS」も勝ってやはりG1で2勝、距離も昨年の実績から大丈夫で時計も優秀です。

復活して欲しいG1馬もいて、「メイショウマンボ」は「オークス」・「秋華賞」・「エリザベス女王杯」を勝ってG1で3勝と実績は上位なのですが、5戦連続2桁着順で巻き返しができるのか、はかにも「レッドリヴェール」も近走の成績は悪いですが「阪神JF」を勝っていますし、「ショウナンアデラ」も「阪神JF」を勝っていて長期休養明けですが復活を期待したい馬ですし、昨年の「桜花賞」馬の「レッツゴードンキ」にも復活して欲しいです。

他にもG1馬クラスも何頭かいますが、「スマートレイアー」や「マジックタイム」や「シャルール」なども成績安定で怖い存在で、今年の「ヴィクトリアマイル」は熱い戦いになりそうです。

 さて16年度の「凱旋門賞」の登録馬が昨日発表されましたが、なんと11頭もいて驚いています。
「ドゥラメンテ」・「ディーマジェスティ」・「ヴァンキッシュラン」・「サトノダイヤモンド」・「サトノノブレス」・「サトノラーゼン」・「タッチングスピーチ」・「トーセンビクトリー」・「マカヒキ」・「マウントロブソン」・「ワンアンドオンリー」と11頭です。
10月2日はこの中の何頭かはきっとゲートインしていると信じて、応援に行きたいと思っております。

日本の3歳馬のレベルを確認する上でも、3歳牡馬の中から何頭かは出走して欲しいですし、「ドゥラメンテ」にも期待です。
毎年、期待して楽しませてもらっている「凱旋門賞」は第95回となって、改修中の「ロンシャン」ではなく「シャンティイ」で行われます。
私の競馬は通常買いから始まった!(創)
JUGEMテーマ:競馬
 以前も書いたことあるのでご存知の方も多いとは思いますが、競馬では本当にひどい目にあって親の残した財産の殆どを失くすくらいのめり込んでしまいました。
今では笑い話、でも府中に有った実家と八王子の土地はもう買い戻すことができませんが、そんな私も「ボス」たちに巡り合ってやっと「勝ち逃げ」で一戸建と河口湖の別荘として取り戻したのです。
それもいろいろあって10年近くも費やしてしまったのです。

今回は自分から志願して「通常買い」の研究メンバーに入れて貰いましたが、これには深い思い入れがあっての事です。
「通常買い」でどうにか勝てるようになりたいと思いながらの競馬は、「吾郎」さんと「道大」さんに会って大きく変化して、昨年はお会いして4年目で初めて「勝ち逃げのプラス」を「通常買いのプラス」が上回りました。

今年の「勝ち逃げ」購入は今までと買えないつもりでしたが、実はこの通常買いで気づいた「馬連又は馬単」+「3連複」での購入に変更して購入しています。
購入も点数が少なくギリギリまで待っていられるので、本当に楽になりました。
自由に自分なりに購入をすればいいし、拘ることも何もありませんので納得できる結果に満足しています。
ただ、通常買いは「メインレースで準オープンクラス以上」という条件だけは守っていて、以前は「メインレース」以外でも準オープン以上のレースであれば購入することもありましたが、昨年から完全に「メインレース」だけにして、プラスを最優先させるようにしています。

家内たちも事業拡張を計画したりして苦しみながら会社を育てていますし、平日はそれぞれお手伝いをして頑張っていますが、競馬では妥協は許されなくて、すべて自分との戦いとなりますので、心して納得できる方向へ進んでいく事が大切だと思っています。
「吾郎」さんのように馬を診れればよいのですが、それが難しい私も繰り返しビデオで勉強しています。
なかなか上手くいくことが少ないのですが、視点を少しづつ変えて徐々にパドックを観なくても良い方法を、分類してデータ化するようにしてずい分と的中が多くなったのです。

本当に人間は諦めずに頑張れば良いことがあるもので、これからも人生の最後まで頑張りたいと思っています。
みなさんもやってみて下さい。
お久しぶりです!ライブ「天皇賞・春」も久々です。(創)
JUGEMテーマ:競馬
 みなさ〜ん!お久しぶりです。
昨年の12月23日が最後ですので4か月ぶりですが、いろいろと忙しくて家内の仕事手伝ったり、主夫をしてみたり子供たちと買い物に出かけたりと駆けずり回っていました。

子供たちはまだ小さいのですが家にはちょっと広めの畑もあって、家内も野菜や花を育てたりで凄く元気にしており、子供たちも生き生きとしています。
私の場合は土日は出来るだけ自宅にいますので、競馬は殆ど自宅でテレビ観戦ですし、先週からのデータの入れ替え作業と「Room365」へ引っ越しでは久々に研究室に顔を出しましたが、基本的には自宅でいろいろと家内の会社の手伝いをしたり、競馬データの分析も自宅でが多いのです。

研究室から解放されノンビリと好きな事をして毎日を過ごしているのですが、毎日規則正しい生活を心がけています。
私ももう50歳、競馬もメインレースの通常買いで辛うじてプラスしていますので、「勝ち逃げ」のデータ分析に多くの時間を使っています。
それでも今年のライブG1には2度参加させていただいており楽しんでいますが、今回の「天皇賞・春」もライブ競馬でと考えています。

非常に大荒れとなる「天皇賞・春」、「ゴールドアクター」を中心に考えていますが、「サウンズオブアース」と「キタサンブラック」などが上位でこの3頭は前走休み明けで、それぞれ日経賞1着・同2着・大阪杯2着と健闘しているように、休み明け2戦目となる今回はさらに上昇してくる筈です。
昨年このレース2着の「フェイムゲーム」も、海外遠征後の復帰戦「ダイヤモンドS」で2着してさらに上昇が見込めるし、「阪神大賞典」の「シュヴァルグラン」や「ダイヤモンドS」の「トゥインクル」もチャンスがありそうですが、距離が長いだけに人気薄の馬が絡んで3連単10万馬券も可能性もあります。

私も最近は「メインレース情報」で結構稼いでいますが、私の場合は少しでも迷いがあればボックス買いでというのと、「馬連又は馬単」と「3連複又は3連単」の組み合わせで振り分けることが多いです。
また、今開催から「通常買い」(メインレース情報のみ)の研究グループに入り、資金の上手な振り分け法を模索する予定ですので、そちらの記事も紹介していきたいと思っております。
研究室にやってきた2つのエスプレッソマシン!(創)
JUGEMテーマ:競馬
 今年もあと少しで終わりますが、最近は「ボス」が研究室にほとんど来ないので、あの美味しい珈琲を飲めなくなって寂しいのです。
でも先日、室長の交代の件もあってみんなが集まった時に、あの美味しい珈琲を淹れてくれましたが、エスプレッソマシンなら誰でも結構美味しく淹れられるということで、さっそくみんなと相談して、2台のエスプレッソマシンを購入しました。



左は「デロンギ」の「EC221Y」でこちらは9気圧で、通常の珈琲豆をミルで挽いて淹れるタイプ、抽出される温度が丁度良くなるように工夫がされていて、とても美味しいですが掃除がちょっと大変です。
右は「ネッスル」の「ピクシークリップD60」でこちらは珈琲カプセルを使うタイプで、掃除も簡単です。
どちらもクリーミーな泡でとても美味しいのです、香りも苦みも最高で、カフェラテやカプチーノも楽しめるのです。

カップもいろいろと用意して、まだどの豆と珈琲カプセルを使うか決まっていませんが、ローストの深い豆を使っているので味や香りの比較が微妙です。
ゆっくりと時間をかけて探してみようと思っています。

 私の室長としての仕事もあと僅か、「龍」さんに引継ぎ晴れて「OB会」の一員となりますので、研究室に来るのも少なくなってしまいますが、解放される喜びとみんなに会えなくなる寂しさとが入り混じって気持ちは複雑です。
あと2週間必死で頑張ります。 
いよいよ始まるG1戦線「有馬記念」まで休む暇なし!(創)
JUGEMテーマ:競馬
 研究室長として最後の2か月半、来年は私は「OB会」所属になって引退です。
長い間、研究室で競馬をやってきたのですが、来年で50歳になるので今後は研究を「OB会」で続け平日は奥さんの仕事のお手伝いをして、ノンビリしたいと思っております。

 今年は難しい競馬が続いていますが、10月18日「秋華賞」(京都)・25日「菊花賞」(京都)・11月1日「天皇賞秋」(東京)・1週お休み・15日「エリザベス女王杯」(京都)・22日「マイルCS」(京都)・29日「ジャパンC」(東京)・12月6日「チャンピオンズC」(中京)・13日「阪神JF」(阪神)・20日「朝日杯FS」(阪神)・27日「有馬記念」(中山)ととても忙しく、データの入れ替え作業は9月から10月15日には終わらせないといけないので、先週は研修を兼ねて全員で現地競馬で、馬場状態やタイムチェックをして参りました。

10鞍のG1レースをパーフェクトに的中するのは難しいですが、やはり最低でも半分は的中させたいです。
「メインレース」はほぼ「吾郎」さんにおんぶに抱っこなのですが、最近は少しコツを覚えましたので、的中率も良くなりましたし大事なレースをトリプル的中出来る様になって、プラスが大きくなって楽しくなってきました。
先週の「京都大賞典」も軸を1着に固定して買おうかと思ったくらいです。

「勝ち逃げ」もある程度のパンクはあっても切り抜けられるように、データの修正をしましたので最後の2開催は思い切った勝負をしたいと思っていますし、お天気が良くて良馬場が望ましいです。

もう来年に向けての準備も始まって、いろいろな意見が飛び交っていますが来年の室長は43歳(来年後期に44歳)の「龍」さんですから、研究室も若返り平均年齢も30代となってバリバリと頑張ってくれそうです。

 「OB会」はみんなが集まったりとかも少なく、それぞれが好きなように研究をしていて、時々は会ったりする事もありますが、連絡は9割はメールです。
ただ、近くに住んでいるので散歩がてらお邪魔することはありますし、時々は「ボス」宅にお邪魔することもあります。
年齢的にも暴飲暴食はできなくなりましたので、温泉旅行も家族と一緒が多くなりました。
今は家でノンビリと競馬ができる環境があるので、本当に家から出ることが少なくなりましたし、研究室も車で5分ですから午前中で終了、午後は自宅にいることが多いのです。

来年からは研究室に行くことも減って、寂しさもありますがやり残したこともありますのでノンビリとマイペースで頑張りたいです。
さて、今週末から気合を入れて頑張ります。