「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
私達の購入法の優位性!「道産子のつぶやき」(道大)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の競馬好きは馬券を買う事や競馬で儲けようという事から始まったのではなく、単純に馬好きがなるようにして集まっただけなのですが、そこの違いはとても大きなものでした。

課題は何時の時も「日本馬はどうして凱旋門賞で勝てない」がテーマですから、どこの馬の骨がそんな馬鹿を言っているんだろうと思うかもしれないのですが、きっとこの会のみんなは同じ考え方だからこそやっていける部分が多く、やっていけない部分が少ないのだろうと思うのです。

 

競馬に対する価値観はそれぞれ違うはずでも、この「凱旋門賞どうして勝てない」と疑問はみんな持ってるのです。

日本の競馬全体の大きな課題だったのですが、ディープインパクト産駒達によってそこが大きく変化し、欧州のクラシックレース制覇が現実のものとなって、夢の実現はもうそこまで来ています。

データ分析や血統分析などの努力も最初は「勝ち逃げ」の為ではなく、原点はそこにあったのですから創設期の3人は競馬で食えるなんて思わなかったそうです。

 

負けて当たり前というのが「ギャンブル」なのですから、競馬で勝とうと思う人が「日本馬はどうして凱旋門賞で勝てない」なんてことに拘ることはないのですから、当時の3人は別の観点から競馬を観ていたのです。

そこから生まれた「勝ち逃げ」は目標が「凱旋門賞に行こう」、「日本馬を応援しに行こう」でしたからこそ、上手く行ったと思っています。

 

私は一時期、研究室から離れた事がありましたがすべてその目標を見失ったために、離れなければならなくなっただけで、すべては自業自得だったのです。

今はコツコツと無理をしないで勝ったお金を貯めて、色々な国の競馬を観戦するのが楽しみなのです。

もちろん自分の好きな馬はいますのでレースを観ながら応援はしますが、馬券の対象とすることはありません。

これが私達の競馬なのです。

 

こんな考え方が出来れば「勝ち逃げ」は本当に良い買い方なのです。

「Pランク」によって順位が付けられた6頭立ての競馬は、あくまでもゲームの対象なのかもしれません。

何処まで行っても目標は「凱旋門賞」や「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」であって、「ギャンブル」に勝つことではないのです。

負けてもいいからという気持ちがあるからこそ意味があるのかもしれないですね!

「道産子のつぶやき」2年ぶりに復活です!(道大)

JUGEMテーマ:競馬

 「道産子のつぶやき」が2年ぶりに復活です。

ご存じの通り「中本」さんが昨年秋ぐらいから体調を崩し、とうとう4月に倒れてしまい病院で療養していたのですが、6月下旬にリハビリ兼ねて札幌の病院に転院してしまいました。

 

家族のいる札幌ならという事より本人の希望もあっての転院という事ですが、きっと「中本」さんの事ですから責任を感じて転院を選んだのだと思います。

きっと随分前から具合が悪かった様な気がしているのですが、私も北海道出身という事もあって競馬の事はいろいろと親切に教えていただきました。

 

成績が悪かった「中本式勝ち逃げ」は急遽私が研究チームのリーダーに指名されました。

なんとなく初心に帰った気分なのですが、同郷のよしみで頑張ろうと思っているのでみなさんにも応援をお願いしたいです。

研究チームは5人で早速データ分析から始めて、昨年度との違いを調べてみるとどうやら土日勝負になった事と、今年はBOX購入が一度もない事が影響しているようです。

 

もちろん研究購入は今回もきちんとしましたので結果を見て下さい。

今回(7日と8日)はみなさんに全レースの「Pランク」を発表しましたので、それを参考に見て欲しいと思います。

 

●中京7日3連複●(実験購入は実際の4分の1の金額ですので、各コース60万円の予算で購入しています)

1位軸購入:8R2,950円的中(全払戻額424,800円)-(全購入額150,000円)=+274,800円

2位軸購入:5R3,940円的中(全払戻額39,400円)-(全購入額10,000円)=+29,400円

1BOX購入:8R2,950円的中(全払戻額625,400円)-(全購入額150,000円)=+475,400円

2BOX購入:5R3,940円的中(全払戻額51,220円)-(全購入額10,000円)=+41,220円

 

●福島7日3連複●

1位軸購入:5R1,360円的中(全払戻額25,840円)-(全購入額10,000円)=+15,840円

2位軸購入:7R1,170円的中(全払戻額173,160円)-(全購入額70,000円)=+103,160円

1BOX購入:5R1,360円的中(全払戻額47,600円)-(全購入額10,000円)=+37,600円

2BOX購入:10R9,700円的中(全払戻額1,328,900円)-(全購入額600,000円)=+728,900円

 

これらの結果から1日でも十分なプラスがある事が分かります。

基本的な事は下記の様になっていますので、注意してください!

 

★中本式★
購入金額表は下記の通りです。
5R(1R)100単位(1単位100円で計算)
6R(2R)200単位(累計300)
7R(3R)400単位(累計700)
8R(4R)800単位(累計1,500)
9R(5R)1,500単位(累計3,000)
10R(6R)3,000単位(累計6,000)
11R(7R)6,000単位(累計12,000)
12R(8R)12,000単位(累計24,000)

 

赤字で表示された福島10Rの「Pランク」を使って購入法に触れてみます。

福島10R06(1位軸)・08(2位軸)・07・01・10・05結果3連複7−5−1 9,700円

 

☆1位軸の場合の組合わせ: 6-7-8(4.8)・1-6-8(11.3)・1-6-7(12)・6-8-10(19.6)・6-7-10(20.6)

             1-6-10(32.3)・5-6-8(36.2)・5-6-7(37.2)・1-5-6(63.7)・5-6-10(81.8)

(11倍以下のオッズはカットしますので9点での購入となります。)

 

☆2位BOX購入時の組合わせ:1-7-8(14.5)・7-8-10(24.9)・1-8-10(42.3)・5-7-8(44.2)・1-7-10(48.1)

               1-5-8(73.5)・5-8-10(94)・1-5-7(97)・5-7-10(128)・1-5-10(145.8)

(BOX購入時は2位BOXでは1位軸は消去して残り5頭のBOXになります。)

 

どの場合でもオッズ11倍未満の組み合わせはカットして購入をしますので、1位軸の場合では6-7-8の組み合わせは4.8倍ですからこれを除いて9点買う事になりますが、2位BOX購入時は10点購入となります。

実際には1位軸での購入は5Rで終了してますので、10Rまで購入が続くのは2位BOX購入だけとなりますが、組み合わせの例として掲載しました。

 

ここで的中して728,900円のプラスになるのですが、ここで買う金額は30万で5Rから1万でスタートすると累計で60万を使って、1,328,900円の配当を得た事になりますすが、組み合わせのどれで的中しても同じ金額が戻るように掛け金を振り分けるのです。

自分で計算すると大変ですが、「JRA-VAN NEXT」の配当均等型ボタンで簡単に割り振りが可能なのです。

→次回はこれらの買い方の優位性を説明いたします。

マイナスはこうして取り戻せを実際にやってみて!(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 いろいろな条件が揃わないと2日間でのプラスは結構難しいものですが、人生とは面白いものでそんなチャンスを他の人から教えてもらう事があるのもです。
土曜日のメイン3鞍は完敗、72万のマイナスを取り戻すのは本当に厳しいもので、「吾郎」さんと二人で今週のマイナスを覚悟したのですが、日曜日も3鞍あるので少なくてもトリプル(馬単・3連複・3連単)的中2鞍が必要ですし、ハンデ戦が2鞍もあるので簡単にはいかないものです。

しかしたまたま日曜日は顔合わせもあって、「創」さんが来てくれて私達にとても大事なヒントをくれたのです。
何度か紹介していますが、「創」さんの方法は通常「馬連又は馬単」プラス「3連複」という組み合わせでの勝負、ほぼ50:50の購入比率、ただしマイナスしている時は「馬連又は馬単」の比率を上げて、マイナス分を確保するそうです。

日曜日は「新潟大賞典」は軸3番「フルーキー」でヒモ5番と14番に絞って、2,400の50:50の購入比率で「馬連」だと3-5=19.6倍と3-14=18.7倍で均等法で114万、「馬単」だと3-5=34.8倍と5-3=39.2倍と3-14=30.5倍と14-3=41.1倍で均等法で107万ですから、少しでもリターンを大きくするなら「馬連」が有利である事が分かりますし、結果的にはハズレでしたが的中すれば土曜日分はこれで回収できることになります。

同じように京都の「鞍馬S」は軸14番「ミッキーラブソング」でヒモは9番と5番に絞りましたので、同じようにして2,500の60:40の購入比率で「馬連」ならどちらでも103万、「馬単」だとどれが的中しても93万もリターンでここでも「馬連」が有利になります。
結局はここでもハズレてしまいました。

最後のチャンスは東京のメイン「NHKマイルC」の軸4番「メジャーエンブレム」の1着固定に託され、ヒモも5番と7番でここは「馬単」だけの2,400の75:25の購入比率でマイナス分の確保に専念です。
4-5=14.7倍と4-7=21.9倍と結構配当がいいことに助けられ、見事4-5での的中リターンは158万となって、2日間の購入金額146万を差し引いてプラス12.3万になりました。

いつもの購入ならとてもプラスにできないような場面でも、「創」さんいつも冷静で的確なアドバイスで感謝です。
私も「吾郎」さんも「新潟大賞典」のハズレで諦めかけただけに、この諦めない姿勢にはなんとなく「さすが!」と思いました。
「馬単」の的中1本で6鞍分の投資額を取り戻してしまう見事な勝負、あらためて感動しました。
「吾郎式」と「創式」の比較です。(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 昨日の続きですが、土曜日の成績比較です。
このケースの場合はプラスが逆になりますが、馬単・3連複・3連単のトリプル購入を「吾郎式」、3連単抜きのダブル購入は「創式」として掲載しました。

◎4月30日
★京都11R「天王山S」 (別定・D)
●軸候補⇔5番「ニシケンモノノフ」(適距離で大負けなし)
●軸候補⇔14番「テーオーヘリオス」(3連勝でこのクラス入り苦戦したが休み明けで)
●紐候補13番・10番・12番・15番
購入⇒馬単・3連複・3連単に振り分けて。
結果⇒馬単1,280円的中(馬連1,020円)
◎ここは軸候補14番は休み明けで昇級2戦目は厳しく消し、軸は5番「ニシケンモノノフ」が前走から軸に決定、相手は13番・10番・12番・15番の4頭に絞りました。
▲吾郎式購入は2,400、馬単軸からマルチ8点800:3連複6点800:3連単1着と2着に軸固定24点800の購入比率、払い戻しは順に1,572:0:0となって、マイナス828でした。
▲創式購入は2,400、馬連軸から4点1,200:3連複6点1,200の購入比率、払い戻しは順に2,631:0となって、プラス231でした。

★東京11R「青葉賞」G2 (馬齢・芝)
●軸候補⇔13番「レーヴァテイン」(2連勝だが休み明けで時計も詰めないと)
●軸候補⇔12番「プロディガルサン」(休み明けだが力上位で)
●紐候補6番・11番・4番・9番
購入⇒馬単・3連複・3連単に振り分けて。
結果⇒馬単3,540円・3連複2,540円・3連単14,890円的中(馬連1,940円)
◎ここは軸候補2頭が休み明けで最初からボックス買いにして、9番は2連勝だが時計無く消しで残りの5頭でボックス購入となりました。
▲吾郎式購入は2,400、馬単20点800:3連複10点800:3連単60点800の購入比率、払い戻しは順に1,037:1,745:1,519となって、プラス1,901でした。
▲創式購入は2,400、馬連10点1,200:3連複10点1,200の購入比率、払い戻しは順に1,629:2,617となって、プラス2,146でした。

集計では「吾郎式」がプラス1,073、「創式」がプラス2,377となってこちらが1,304もプラスが多いことになります。
結果的に3連単が的中しないケースを想定すると「創式」が有利になるのですが、ダブル購入者は他にも4:6で購入している研究員がおります。
これは馬券の種類あ多くなってオッズに変化が起こった事によるもので、この3年間でずいぶん変わりましたので、時々取り上げていきますので、参考にしてみて下さい。

 
またまた天皇賞春は大荒れハズレでも「スイートピーS」1鞍で大幅プラス!(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 「天皇賞・春」は絶妙な逃げで勝った「キタサンブラック」でしたが、最後まで食い下がってゴール寸前で差し返された「カレンミロティック」は13番人気で2着となって、またまた馬単・3連複が万馬券、3連単は24万馬券となってハズレでした。
逆に人気の「ゴールドアクター」は12着、「サウンズオブアース」は15着と惨敗しましたが、勝馬の近くで先行していた2頭だけに、この大差負けは2走ボケなのか距離的なものか納得がいきません。

結果的には「スイートピーS」のボックス買い1鞍で大幅プラスの2日間となって、最後は香港のG1「チャンピオンズマイル」の「モーリス」楽勝の映像でみんなで乾杯となりました。
「創」さんも来てくれ、メインレース担当のグループ全員が集まって夜遅くまで、ワイワイと美味しい酒を飲みました。
「モーリス」のG1連勝記録は4つとなって、これで「安田記念」を連勝したら凄いことです。

今年は国際レースでの日本馬の活躍が目立ちますが、5月24日には「エイシンヒカリ」がフランスの「シャンティイ競馬場」で行われる「イスパーン賞」、6月15日のイギリスの「アスコット競馬場」のG1「プリンスオブウェールズS」に出走予定で、こちらも楽しみです。

 競馬のプラスは不思議なもので、今回は「創」さんの購入について触れてみます。
「スイートピーS」は私たちの場合は残した4頭の2番・9番・14番・1番でボックス買いにし、購入は2,400、馬単ボックス12点800:3連複ボックス4点800:3連単ボックス24点800の購入比率、配当は順に2,787:11,235:9,496となって、プラス21,118でした。
「創」さんの場合は同じ4頭ボックスでも、購入は「馬連か馬単」と「3連複か3連単」という組み合わせで2通りだけを購入するシステムを取っています。
馬連は6点で配当は4,400台、馬単は12点4,100台で結局「馬連」にして4,409、3連複は4点16,800台、3連単は14,000台で結局プラスの多い「3連複」にして16,867となり、プラスは18,876となります。
実際に50:50の購入資金の割り振りですから、トリプル的中よりはプラスが少ないのですが、馬連と3連複の50:50なので馬連だけの的中の時は逆にプラスが残せますので、3連複と3連単が的中しない時は有利になる訳です。

非常に面白い買い方なので紹介しましたが、他にも何か別の方法があるかもしれないので、みんなに確認してみて紹介してみようと思っています。
この事については明日もう一度取り上げてみたいです。
開幕週の競馬はやっぱり難しい!(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 「マイラーズC」が行われた京都競馬場は、馬場状態が緩めでもマイルで1分32秒6と時計が出ましたし、東京競馬場も3歳牝馬の2,000mが1分59秒7とまあまあの時計が出ており、スピード感溢れるレースでとても気持ちが良かったです。
開幕週なので前残りの多いレースが続きとても難しかったです。

香港の「クイーンエリザベス鏡C」は、香港ダービー馬の「ウェルテル」(せん4歳)が重い馬場で楽勝、日本馬は「ラブリーデイ」の4着が最高でした。
残念でしたが、まだまだこれから日本馬のチャンスはありますし、これからが勝負です。

「マイラーズC」は「クルーガー」が勝ったのですが、この馬デビュ―が2歳の11月と遅くダート戦からスタートで3戦1勝2着2回、3歳時も5戦2勝3着2回と成績は優秀なのに1,800m以上のレースばかり使われました。
1,000万クラスを勝った時に一度話題に上ったのがこの「クルーガー」、「吾郎」さんとマイルぐらいが丁度いいのではと話したものですが、今回はマイルで後方追走から素晴らしい追い込みで勝ちましたし、このままマイル路線で行って欲しいものです。
直線で1度は前が詰まっての追い出しでしたので、着差以上の強さに感じましたがこの先も楽しみです。

「フローラS」は前走マイナス10キロだった「ビッシュ」がまたマイナス体重、「パールコード」もマイナス14キロとこちらも大幅減で軸馬が不安定要素多く最終的にボックス買いになりましたが、「ビッシュ」は馬体が小さな馬だけに消し馬になりました。
勝ったのは2連勝中の「チェッキーノ」で、3か月の休養後「アネモネS」からここを勝って「オークス」へ出走という計画のようです。
2着「パールコード」は3馬身差の2着でしたが、父「ヴィクトワールピサ」に体形がそっくりで牝馬にしては立派な馬体なので期待しているのです。頑張って欲しいですね。

今年の3歳馬は全体的にレベルが高くこの先が本当に楽しみです。
古馬も「ドゥラメンテ」・「リアルスティール」・「アンビシャス」などの4歳馬が中心に非常にレベル高い勝負が繰り広げられて、今年の秋は楽しみが倍増しそうです。
「桜花賞」は的中はこんな見解がベースになった!(道産子)
JUGEMテーマ:競馬
 「桜花賞」は「吾郎」さんと前日からいろいろとチェックして、「クイーンC」や「阪神JF」と比較して「チューリップ賞」が格上と判断したのですが、湿り気が残ってクッションのきいた馬場でもこのメンバーなら1分33秒前半で決着と判断、終い33秒台を出せる馬でなければ勝つのは難しいと判断しました。

◎4月10日
★阪神11R「桜花賞」G1 (定量・芝)
●軸候補⇔5番「メジャーエンブレム」(時計も素晴らしいし大物感漂う)
●軸候補⇔13番「ジュエラー」(時計も良く末キレ魅力十分)
●紐候補⇔12番「シンハライト」(13番との叩き合いを制し前走3連勝で末キレる)
●紐候補⇔11番「レッドアヴァンセ」(レベル高い前走素晴らしい追い込みでしたが消し馬候補)
●紐候補⇔15番「ラベンダーヴァレイ」(レベル高い前走3着ですが今回は厳しく消し馬候補)
●紐候補⇔10番「アットザシーサイド」(チューリップ組とは勝負付けがなく別路線で)

実際には「チューリップ賞」のレベルの高さが証明された順位なので、5番「メジャーエンブレム」には差し競馬は厳しくなると判断したのですが、スタートから行く気がなく先行馬群で揉まれる展開で4着するのが精一杯でした。
今回はこんな結果ですが、実際に消し馬にしたのが11番でパドックと返し馬を診てからではなく、もう馬体重発表前に決めての購入ですから本当にうれしかったです。

「吾郎」さん曰く、G1だからこそ出来るけど普通のメインレースでは上手くいくかどうか疑問だという事ですが、また一歩前進したように思いました。
今週末は「皐月賞」ですが、期待一杯です。
パソコン工房「Room365」は「競馬Room365」に生まれ変わりました!(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 資料も設備もすべて「Room365」に移動中で、引っ越し作業をしております。
とっても広かった工房時代からは広さが半分になって、ちょっと狭くはなりましたがとても快適な仕事場になりそうです。
「勝ち逃げ」の資料も「メインレースの資料」もすべてこちらのパソコンに保管されていますしいろいろと便利なのですが、どうやら毎日こちらへくる必要もなさそうなので平日は自宅、土日は午後からになりそうです。

 もう掃除も終わってだいぶ綺麗になりましたが、必要なものがあるので買い出しに行ったり月曜日から忙しくしておりました。
さてこの週末は「桜花賞」、牝馬のクラシック第1弾は新しい門出のレースにふさわしいので頑張って的中させたいですし、今年は牝馬も牡馬もレベルが高そうなので良馬場で勝負させたかったので、明日からはお天気が良くなり日曜日には良馬場で勝負できそうです。

「吾郎」さんも私もこれまでよりも早く始動しなければ、情報の提供がこれまでとは違ってパドックも返し馬も診ないで情報を確定させないといけませんので、ちょっと大変です。
無理なことをしないよう的中させることに専念しなければいけないので、慣れるまでちょっと大変ですが頑張りたいと思います。

 さて伝達するシステムは「吾郎」さんと相談したうえで、下記のようになると思ってください。
◎4月3日
★中山11R「ダービー卿CT」G3 (ハンデ・芝)
●軸候補⇔1番「キャンベルジュニア」(以前このクラスで苦戦しているが、戻り昇級でハンデ戦さらに厳しく消し馬)
●軸候補⇔6番「サトノアラジン」(本来は重賞クラスここらで足踏みしてられないがなんといっても休み明け)
●紐候補⇔5番「ダッシングブレイズ」(前走1番人気で中止で順調さを欠いたが距離はピッタリ)
●紐候補⇔14番「ロゴタイプ」(G1ですし今回の調教はびっしり追われて良化)
●紐候補⇔10番「マジックタイム」(前走昇級のG3で2着で時計もあるしそこそこには勝負になる)
●紐候補⇔11番「サンライズメジャー」(休み明けでマイナス体重で年齢的にも厳しく消し馬)
購入⇒馬単・3連複・3連単に振り分けて。
決め手に欠け軸が決められなかったためボックス購入がベター、6番・5番・14番・10番の4頭ボックスです。

これなら消し馬もハッキリしているし、みなさんも買い易いと思います。
残り5か月でしっかりした情報提供ができるようにしたいですので、みなさんのご意見も聞きたいのでどんどんメール下さい。
2016年度は「Win5」に夢を乗せて吾郎さんと二人三脚!(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 今年は昨年の失敗を繰り返さないように「Win5」は「吾郎」さんに総ノリ状態で購入していますが、二人三脚で消す馬を選んで絞り込んでいます。
昨年は大きな配当を2度も逃してしまい「吾郎」さんとは、収支において大きな差がついてしまいましたので、今年は土日いつもピッタリと側にいて手分けし「Win5」の購入締め切りギリギリまで消し馬を探しています。

 今年はこれまでの3開催で4本の「Win5」の的中がありますが、昨年は総ノリ「Win5」と自分なりの「Win5」を購入していましたので、的中しても片方だけという事が多く大きなプラスにはなりませんでした。
今年はすでに今年のプラスを確保した状態で、3か月だけで決めてしまったような物です。

◎1月24日2,119,250的中⇒2×3×4×3×3=216点
◎2月14日4,047,130的中⇒2×2×4×4×4=256点
◎3月20日144,390的中⇒3×3×2×3×3=162点
◎3月21日971,500的中⇒4×3×3×3×4=432点

今年はこれまでの3開催で14回「Win5]の発売がされておりますが、そのうち4回も的中しているのです。
購入は平均で300点前後ですから1年間では1,650,000円前後になり、「Pランク」をもとに購入する「Win5」はとても効率の良いやり方という事になります。
どこで勝負するにしても、確固たるデータに基づいてやってこその結果だと思っています。

みなさんも「Pランク」を上手に利用して「Win5」の購入にチェレンジしてみて下さい。
2016年度の「応援馬全7頭決定」です。(道大)
JUGEMテーマ:競馬
 今年の「応援馬」が決定です。
今年は牝馬3頭、牡馬4頭の7頭が決定、最終選考に残ったのは全部で22頭その中から22人のメンバーで投票した結果で決定しました。
牝馬は「メジャーエンブレム」・「シンハライト」・「ジュエラー」の3頭、牡馬は「サトノダイヤモンド」・「マカヒキ」・「リオンディーズ」・「エアスピネル」の4頭で、合計7頭になりました。

昨年は牝馬2頭「ショウナンアデラ」・「ルージュバック」、牡馬4頭「ドゥラメンテ」・「キタサンブラック」・「リアルスティール」・「ダノンプラチナ」です。

 毎年この時期は楽しみが一杯で、クラシックのトライアルレース、「ドバイワールドカップデイ」、G1「高松宮記念」があります。
4月は2週目からG1「桜花賞」、G1「皐月賞」とクラシックレースがスタートしますので、データ分析などで「OB会」もとても忙しくなりますので、1週ぐらいは休みを取る予定です。

若手と「OB会」の何人かは「ドバイ」に行く予定ですし、倍ぐらいの忙しさになりそうです。
残念ながら「高松宮記念」がありますので、私と「吾郎」さんは居残りです。