「競馬を楽しむ」(馬に恋をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「Win5」に夢を乗せて前半戦のまとめ!(純)

JUGEMテーマ:競馬

 前半戦のまとめをしておいて、後半戦の「Win5」にはさらに期待を込めて色々と工夫をしてチャレンジしていきたいと思っています。

今年の前半戦の的中は下記の通りですが、6月23日までが前半戦で29日からは後半戦として数えてください。

 

2019年度★前半戦★

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

05月12日5-4-1-1-4   44,331,420円

05月19日4-8-15-3-13    44,020円

06月16日3-8-10-5-1   9,841,270円

計65,937,620円

 

前半戦は28回のチャンスがありましたので、「Pランク」6頭のすべて組み合わせを購入して21,772,800円(777,600×28回)となります。

後半戦は27回予定されていますので777,600×27=20,995,200円が必要で、とても現実的な数字ではないように思えるのですが、後半戦のスタートの30日は1億超えの配当になりましたし、4.7億越えも1回キャリーオーバーになったのも1回ありました。

 

私も全部は購入しませんが243点から576点の間で購入はしていますが、前半戦の的中は3回だけでしっかりとプラスです。

後半戦も同じように購入を続けて行きたいと思っていますが、いきなり1億越えの配当でちょっとビックリしていますし、更に期待が膨らんできました。

 

「通常買い」や「コロガシ」では一歩間違えば年間トータルで赤字という結果になってしまうのですが、「Win5」は「Pランク」の全通りを組み合わせても、年間トータルでのプラスが確定しているようにここ3年はプラスを確保しています。

これが続けば大変な事なので、プラスを残せるという購入法の一つになるかもしれないと考えています。

 

確かに1回777,600円となると年間で4,277万弱ですから難しいと考えてしまいますが、みんなでグループ買いすれば可能です。

決して無理な方法ではないし、みんながチャレンジすれば売り上げも上がって配当も良くなるものです。

900万越え的中!何故800万の壁を越えた?(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 今回またまた「Pランク」内の組合わせで的中の「Win5」、どうやら7年も続いた800万の壁を乗り越えたようです。

調査してみると今回は2人の研究員が的中したようですが、OB会は答えてくれないのが普通ですのでそのまま記事を書いてまいります。

今年の的中は下記の通りです。

 

2019年度★前半戦★

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

05月12日5-4-1-1-4   44,331,420円

05月19日4-8-15-3-13    44,020円

06月16日3-8-10-5-1   9,841,270円

計65,937,620円

 

前半戦は29回の勝負ですからトータル22,550,400円(777,600円×29回)となりますので、すでに3倍になったことになります。

したがって、後半戦は26回程度となる予定ですのですべてハズレとなってもプラスは残る訳です。

 

こんなに不思議な結果はないのですが、「Pランク」を買い続ける資金力と勇気さえあれば、こんな方法なのにプラスになるという矛盾があるものです。

「勝ち逃げ」の時も驚きましたが、「Win5」で更に「Pランク」の面白さと不思議さに魅了させられました。

 

 さてこれまでの競馬では「Pランク」で800万円台の配当は何度か的中させていますが、900万円を超えた配当は今年が初めて、もちろん4000万円を超える配当の的中も初めてです。

どうやら「Pランク」の精度問題が微妙に関係しているようですが、研究員の間でもよく話題になるので少しだけ触れてみます。

 

枠連と馬連時代までは5頭だった「Pランク」は、馬単時代に突入して6頭になりましたが使用しているファクターはもっと少なく、3連複と3連単が発売されてファクターの数が急激に増えたのです。

3着までを的確に的中させるように工夫がされ、そのためにコンピューターで処理されるデータが多くなって、アナログからデジタルに情報処理が急激に変化していったのです。

 

最近はAIの導入もテストされているのですが、まだまだ精度を上げることができないでいるのが現状です。

昨年あたりから数々のレコードが書き換えられるようになりましたが、時計の進化も後押しして競馬がちょっとだけ難しくなったように感じています。

先日「ボス」とも話をしたのですが、やはり同じことを感じているようで「競馬が難しい」と言っていました。

 

確かに「Win5」は一人で7,776点を購入するのは大変ですが、仲間や家族でグループ外すれば簡単です。

大変だからこそ的中した時の喜びは最高なのですが、この「Pランク」は無料で提供されているのです。

「Win5」は的中させたいではだめです!(翼)

JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」は的中させるコツなんかはなくて、どの馬を選ぶかによって運が良ければ的中するし、運が悪ければハズレとなるのです。

昨年度一人の研究員が「Pランク」6頭の全組み合わせ7,776点をすべて購入して、1年間トータルでプラスを残しましたが本当に驚きでしたし、羨ましく思ったものです。

 

2018年度★前半戦★

1月08日8-6-12-6-3     112,220円・1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7           566,080円・1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6        4,393,240円・2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9           111,520円・4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12   3,846,500円・5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17      418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

計26,911,070円(27回の勝負でPランク6頭全組み合わせでの購入額20,995,200円)

2018年度☆後半戦☆

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円・7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円・8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円・9月23日8-8-4-3-7    56,590円

10月08日8-4-10-2-7           6,050円・10月21日7-8-12-10-12 3,012,220円

11月04日6-9-6-8-16    5,895,210円・㉑11月11日3-7-2-13-12 1,097,850円

㉒11月18日3-1-14-4-1       295,400円・㉓12月02日9-9-4-2-3      2,436,300円

㉔12月09日9-5-2-11-13       96,800円・㉕12月16日9-3-9-11-6   93,710円(53回目のWin5)

計19,626,830円(28回の勝負でPランク6頭全組み合わせでの購入21,772,800円)

1年間トータル:47,164,300円

その他取り消しや除外で戻った還付額626,400円ありますので、1年間トータルでプラス4,396,300円になりました。

 

「勝ち逃げ」に比較するとプラスの額は少ないのですが、私は競馬を楽しむという意味ではこれで十分だと思っています。

しかし、これが今年は下記の様な異変が起こりました。

 

2019年度★前半戦★

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

05月12日5-4-1-1-4   44,331,420円

05月19日4-8-15-3-13    44,020円

計56,008,310円(残り3回の購入額を加算して購入合計22,550,400円)

残り3回の勝負で1度も的中しなくても、なんとまあプラス33,457,910円のプラスなのですが、今年も全通りを買い続けていますので、後半戦も入れて計算してもマイナスになる事はないのですから凄いです。

 

今年は競馬が荒れ模様だからこれまで800万円台が最高配当だったのに、的中回数が少なくなったためにとんでもない配当が的中してしまったのですが、これだけのパワーを「Pランク」に感じたのは初めてです。

なんとも例えようがないのですが、以前から「勝ち逃げ」も全部実験購入したりと豪快だったようで、細かいことは抜きという性格の持ち主という事で納得です。

どの世界でも豪快な人はいるものですが、なにがなんでも「的中させる」という気持ちで面倒だからと全部購入しているのだそうです。

 

私みたいに細かに計算して勝負しても失敗が多いのですから、勝負事にはお構いなしの性格の方が儲かるのかもしれないですね?不思議なものです。

誰でもできることではないのですが、とても勉強になりました。

「今年7回目の的中は440.2倍の低配当」「Win5で勝負」!(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 先週はあの衝撃の4,433万越えの配当、今週は1007分の1の44,020円、2週連続的中なのにこんなにも配当が違うのかと思うくらいですが、的中は研究室とOB会でなんと14人もいました。(笑)

ギャップの大きさにショックも吹っ飛んでしまいますが、これがギャンブルの怖さですね?

 

今年のすべての的中は下記の様になりました。

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

05月12日5-4-1-1-4   44,331,420円

05月19日4-8-15-3-13    44,020円

合計 56,008,310円

 

今年はこれまで23回の発売で7回の的中ですから、昨年や一昨年に比較して的中は少ないのですが、配当合計は逆に2倍もありますので驚きです。

研究員の中にはただ一人だけ全通りを購入をしている人がいますので、彼はその幸せを独り占めしています。

 

昨年はおよそ年合計55回の「Win5」発売で、6頭全部の組み合わせ購入では全購入額は42,051,600円(除外による返還額含む)でしたが、26回の的中で全払戻額合計46,567,230円で年間で4,515,630円プラスとなりました。

今年は23回ですでに昨年度の配当を超えてしまいましたので、残り22回を全通り購入してもマイナスになる事は無くなった訳です。

 

Pランクは1位から6位までですから6頭いる訳ですから、全通りですと7,776点となりますので1日で777,600円必要になりますし、普通では購入が不可能ですが10人くらいの仲間で購入すれば不可能な事ではありません。

私は「競馬塾」から研究員になってそのグループ買いで「勝ち逃げ」を始めたのですが、40年以上に渡って競馬の研究をしてきた「シゲ」さんや「吾郎」さん達が失敗しても諦めないでやったからこそだと思っています。

みなさんもあきらめないでチャレンジしてください。

「今年6回目の的中は4400万越え!」「Win5で勝負」!(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」は暫くは的中ご無沙汰が普通なのですが、これがあるから本当に難しくても勝負する価値は十分にある訳です。

今年のすべての的中は下記の様になりました。

 

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

05月12日5-4-1-1-4   44,331,420円

合計 56,052,330円

 

これまで22回の発売で6回の的中ですからいつもより少ないのですが、今回的中した大きな配当はもちろん全部購入していなければ的中は不可能です。

しかし昨年もそうですが、ただ一人だけ全通りを購入をしている人が仲間にいるのですから、人それぞれなのです。

 

昨年は合計55回の「Win5」発売で6頭全部の組み合わせ購入では、全購入額は42,051,600円(除外による返還額含む)でしたが、26回の的中で全払戻額合計46,567,230円で年間で4,515,630円プラスとなりました。

今年は22回ですでに昨年度の配当を超えてしまいましたので、残り23回を全通り購入しても17,884,800円ですからマイナスになる事は無くなった訳です。

 

Pランクは1位から6位までですから6頭いる訳ですから、全通りですと7,776点となりますので1日で777,600円必要になりますし、普通では購入が不可能ですが10人くらいの仲間で購入すれば不可能な事ではありません。

私は「競馬塾」から研究員になってそのグループ買いで「勝ち逃げ」を始めたのですが、40年以上に渡って競馬の研究をしてきた「シゲ」さんや「吾郎」さん達が失敗しても諦めないでやったからこそだと思っています。

 

これまでも800万クラスの的中は何度かありましたが、こんなに大きいのは初めてです。

「勝ち逃げ」とは違って「Win5」には一攫千金の魅力がありますし、「コロガシ」には少額でも特別な高揚感がありますので、競馬にもいろいろな愉しみ方があるものです。

「今年5回目の的中は57,540円」「Win5で勝負」!(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 今年は「Win5」ですでに4回も的中している訳ですが、5回目は研究室やOB会でも沢山の的中者がでました。

 

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

02月17日7-1-12-11-6           57,540円

 

9回の「Win5」で5回的中ですからいつものペースだと思いますが、今回は研究室の研究員は全員的中の快挙でした。

実際には配当が安かったのですが、十分に楽しませて貰いましたし的中すればどんな配当でもうれしいものです。

 

今年は昨年のこともあってみんな結構「Win5」を購入しているようで、飲み会の時も話題には上りますが、プラスをさせる買い方が確立されている訳ではないのです。

手探り状態で購入しているので難しさはありますが、徐々に進化をしてきているのは確かです。

 

みなさんの協力もあってデータもたくさん集まっていますし、研究チームも発足して賑やかな状態です。

私も参加していますが、メールでの情報や「Win5」を購入する上での注意点などが、話題になっていますのでその辺にも触れていきたいと考えています。

 

 

「今年4回目の的中は160万越え」「Win5で勝負」!(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 今年は6回の「Win5」ですでに4回も的中している訳ですが、4回目は研究室やOB会でも沢山の的中者がでました。

 

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

01月27日4-11-11-2-11     1,619,250円

 

競馬の方法はいろいろとあるのですが、「Win5」とか「重賞コロガシ」などは「ギャンブル」としての面白さは特別です。

今回の「Win5」的中は多くの的中者がいるように狙い易かったかもです。

 

「Pランク」を馬鹿にする人もいますが、こんなに私達に的確に情報を提供してくれるデータも珍しいので、みなさんも参考にして下さい。

「通常買い」での消去法と「Win5」の消去法は連動していますので、そこをヒントに100万プラスを狙ってみると面白いものです。

考え方はいろいろと人によって違うものですが、私たちの「ギャンブルの基本」は一番ギャンブルらしくない「勝ち逃げ」なのです。

これがあるからこそその他の楽しみもある訳で、いろいろと楽しめるのです。

 

 

 

どうして800万越えの「Win5」が的中できるのか分析!(純)

JUGEMテーマ:競馬

 昨年と今年の「Win5」での的中の最高配当は、昨年が4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円、今年はこれまでの結果では1月14日3-3-10-7-10 8,800,260円ですが、これらを分析してみたいと思います。

 

◎昨年4月22日の「Pランク」         (勝馬)的中票数50票

●京都10R02・01・11・12・10・03⇒12

(長休み明けでも馬体絞れてこのクラスを勝っている)

 

●東京10R16・06・02・15・13・14⇒13

(7歳でもこのクラスで掲示板がある)

 

●福島11R16・02・14・06・11・15⇒16

(16番と14番は前走このクラス最先着)

 

●京都11R04・09・08・05・10・01⇒05(G2マイラーズC)

(G1で3着の実績がある)

 

●東京11R04・01・10・12・16・11⇒04(G2フローラS)

(ここは実績から2頭に絞れるレース)

 

 

◎今年1月14日の「Pランク」         (勝馬)的中票数49票 

●京都09R11・10・08・09・03・12⇒03

(本来はオープンでも掲示板あり)

 

●中山10R10・03・09・06・12・07⇒03

(G3でも4着しているように力上位)

 

●京都10R05・02・04・12・07・10⇒10

(この時期の牝馬G1出走馬は侮れない)

 

●中山11R09・05・07・12・06・02⇒07(G3京成杯)

(新馬勝馬を軽視してはいけない)

 

●京都11R04・02・08・10・01・06⇒10(淀短距離S)

(前走G3で好走しているだけに侮れない)

 

勝っている馬についてコメントしたのですが、これらは誰でも気付いている事なので、難しく考える必要はないものです。

昨日「翼」さんが書いたように私も、上位3頭と下位3頭に分けて絞っています。

下位3頭には逃げ馬が多く存在しますし、逆に上位3頭には人気馬が多く存在するのですが、どちらにもグレードレースの好走馬がいるのでそんな馬は人気が無くても注意が必要で、人気が無いならなおさら注目する必要があるのです。

 

正に自分との戦いになるのですが、ここから先は未知の領域なので自分で「思い込まない」、「冷静に判断する」などセオリーを決めておく必要があります。

その日の思い付きにならない様に判断ができなければ、つまらない馬を選んでしまう事になってしまいます。

どうしたら「Pランク」内で勝負できるのかを優先することで、すべての事が解決するものなのですが、一度や二度で諦めない様に頑張る事です。

みなさんには800万の配当を的中させるチャンスがある訳ですから、チャレンジを忘れない様にして欲しいと思っています。

「Win5」的中は「Pランク」を上手に使う事!(翼)

JUGEMテーマ:競馬

 19歳から「研究室」と「Room365」でアルバイトを始めましたが、まさか自分が競馬にのめり込むとは思ってもみなかったのです。

しかし、周りがどんどん減ったり増えたりするので、気になってなんとなく「競馬塾」に入ったのが始まりでした。

まるで悪魔の世界に潜り込んだ様でいつもドキドキしてましたが、徐々に競馬の華麗さに魅せられてしまったのです。

でも、生活はいつもどん底状態でしたが、理解不能な魅力と興奮状態にどんどん引き込まれるようにハマりこんで行きました。

 

僕は昨年初めて「Win5」をずっと購入してプラスを残せましたが、今年は昨年惜しくも外してしまったレースの分析をしてみて、色々と気が付いたことが沢山あります。

どうしても人気馬に注目してしまうので、「Pランク」の4位から6位の馬がおろそかになってしまうのですが、それさえ注意すれば400万円前後の配当は何度か的中できるのです。

 

400万前後の配当1度の的中で、平均400点なら1点100円で年55回の勝負ですから400×100×55=2,200,000円ですので、プラスはその的中時点で確保されることになります。

各レースチェックしてみると上位2頭で決まってしまうレースは30%もありますので、難しいレースは必要以上に絞らない様にして購入してやっとそのプラスが確保できるようになるのです。

 

堅い日もありますので点数が多くなればプラスは難しいのですが、1年間という長い目で見ると400万クラスの配当的中はそんなに難しくないのです。

100万の配当3回でもプラスは確保できるという事で、長い目で見て欲しいのですが、その位「Pランク」には魅力が隠されている訳です。

 

 僕は最初上位4頭くらいに注目して購入していたので、大きな配当は殆ど的中できなかったのです。

昨年は上位2頭で確実に決まるレース以外は上位3頭、下位3頭にグループ分けして上位から1頭、下位から1頭を消すようにして大きな配当が的中できるようになりました。

誰かに教えて貰った訳ではないのですが、どうやら研究室の9割はこの方法で絞っているようです。

 

難しい耐えられない環境の中ではすべて自分との戦いになり、プレッシャーも相当なものですが、人間関係の煩わしさが無い分ストレスフリーの状態です。

パソコンの修理や組み込みの仕事も自分が社長ですから、仕事が多い時はみんなに振り分けて少ない時はみんなから貰って、協力体制が出来ていますので、生活に困るようなことはないのです。

 

こんな環境だからこそ競馬も上手くいくのかもしれません。

みなさんも競馬が思いっきりできる環境から、一つ一つ構築していく必要があるのかもです。

「2日連続的中」19-02「Win5で勝負」!(勇気)

JUGEMテーマ:競馬

 ドカーンというような配当が出て私は無理でしたが、的中者が研究室からもでました。

私の場合は最後のレースで8歳馬を嫌ってハズレでしたが、競馬って難しいものです。

 

01月05日12-12-9-11-12        21,040円

01月06日2-10-2-6-2   1,222,820円

01月14日3-3-10-7-10       8,800,260円

 

競馬の方法はいろいろとあるのですが、こうして考えると「Win5」とか「通常買い」は本当に「ギャンブル」そのものです。

「重賞レースコロガシ」だって6割の研究員は的中できなかったのですが、OB会のメンバーはさすがに経験が豊富なだけに的中者の殆どはOB会です。

 

「Pランク」を馬鹿にする人もいますが、こんなに私達に的確に情報を提供してくれるデータも珍しいので、みなさんも参考にして下さい。

「通常買い」での消去法と「Win5」の消去法は連動していますので、そこをヒントに100万プラスを狙ってみると面白いですよ。