「競馬を楽しむ (勝ち逃げ研究室)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「今週の勝ち逃げ予定」と「メインレース情報」5月27〜28日(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今週のG1レースは「東京優駿(ダービー)」です。

今年のクラシックは牡馬も牝馬もなかなか難しい状態で、牝馬に関しては何とか面目を保っていますが「ダービー」だけは的中させたいです。

「勝ち逃げ」はいつものように土曜日を予定していますが、プラスも十分貯まっていますので日曜日のスタートもあり得る状態です。

メイン対象レースは土曜日2鞍、日曜日3鞍ですので土曜日はノンビリでいいですが、日曜日はメインが10Rですから早目に始動しないといけないです。

 

★今週の対象レース★

◎5月27日(土曜日)

京都11R「朱雀S」準オープン(定量・芝)

東京11R「欅S」オープン(別定・ダート)

(メール会員:京都の10Rを取り上げます。)

 

◎5月28日(日曜日)

京都10R「安土城S」オープン(ハンデ・芝)

東京10R「ダービー」G1(定量・芝)

東京12R「目黒記念」G2(ハンデ・芝)

(メール会員:京都9Rと東京の9Rを取り上げます。)

 

会員募集は6月5日から後期の募集を致しますが、「勝ち逃げ会員」だけとなる予定です。

 

一杯のコーヒーに夢を託して「ダービーと各国のG1」17-18(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今週は日本では「ダービー」が行われるのですが、27日は豪「ドゥームベン競馬場」(ブリスベン)で「BTCカップ」芝1,200、愛「カラ競馬場」(キルデア)で「2000ギニー」芝マイルが行われますし、28日は仏「シャンティイ競馬場」(シャンティイ)で「イスパーン賞」芝1,800m、愛「カラ競馬場」(キルデア)で「1000ギニー」芝マイルが行われます。

古馬のレースもクラシックも十分に楽しめるレースが沢山あるのです。

 

みなさんも同じだと思うのですが、今は世界中の競馬がネット観戦できますし本当に便利になりましたし、このネットサービスのお陰で珈琲も美味しい珈琲豆が日本にも沢山輸入されるようになりました。

そして田舎からでも大変美味しい珈琲を配達してくれる、焙煎業者が増えてとても良い環境になりました。

 

珈琲の1日の1人あたりの消費量は1位「ルクセンブルグ」(1日7.8杯)、2位「フィンランド」(3.4杯)、3位「デンマーク」(2.6杯)の順ですから、私の場合は1日4.8杯なので2位に入ります。

日本は0.9杯となって29位だそうですが、1日1杯も飲んでいないことが分かります。

競馬の盛んな国としては7位「ドイツ」、13位「フランス」、14位「イギリス」、20位「アメリカ」、23位「オーストラリア」、26位「ニュージーランド」ですから意外でした。

紅茶の国と言われるイギリスも、ずいぶん多くの人々が珈琲を愛飲しているようです。

 

さて5月の各国のG1レースの勝馬を紹介しておきます。

5月6日「英2000ギニー」英芝1600m「チャーチル」⇒父ガリレオでG1を3連勝です。

5月6日「ケンタッキーダービー」米ダート2000m「オールウェイズドリーミング」⇒父ボードマイスターで米三冠候補に浮上

 

5月7日「チェアマンズスプリントプライズ」香港芝1200m「ラッキーバブルズ」⇒父セブリングで6歳にして初G1制覇

5月7日「チャンピオンマイル」香港芝1600m「コンテントメント」⇒父HussonetでG1で2勝目、昨年「安田記念」12着

 

5月20日「プリークネスS」米ダート1900m「クラウドコンピューティング」⇒父Maclean's Musicで米二冠目を制覇

 

中でも「チャーチル」は楽勝だっただけに、マイル路線で行くのか距離を伸ばしていくのかこれからが楽しみです。

日本の「ダービー」もとても楽しみで、上質なマンデリンやいつものブレンドを用意して観戦したいと思います。

 

「いざ世界へ」!「日本ダービー」で期待する馬達」55(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 今年も早いものでもう「日本ダービー」の時期となりました。

期待の馬達が揃った訳ですが、今年は牝馬が優秀だったため「皐月賞」まではパッとしなかった牡馬勢も、やっと及第点が付けられる状態になってきました。

「皐月賞」の上位は1着「アルアイン」(レーティング118P)、2着「ぺエルシアンナイト」(同117点)、3着「ダンビュライト」(同116点)、4着「クリンチャー」(同114P)、5着「レイデオロ」(同113P)となっておりますが、他にも「青葉賞」1着の「アドミラブル」(同114P)や「弥生賞」1着の「カデナ」(同113P)等が有力候補ということになります。

 

とくに上位3頭はレコードタイム同等の走りでしたのでちょっと安心したのですが、レベルの高いレースだったと思っています。

それ以外の馬達も追い出しのタイミング次第といった感じで、結構力差は無いように思えますし、「アルアイン」が「毎日杯」を勝って「皐月賞」も勝った事で、「毎日杯」2着の「サトノアーサー」の差し脚にも期待が集まりそうです。

 

ここ5年間でも「ダービー」出走組が世界へ飛び出している様に、今からワクワクしていますが今年の秋から来年年末の香港まで、楽しませてくれる馬に成長して欲しいです。

「凱旋門賞」や「キングジョージ」、「香港」や「オーストラリア」のG1にもどんどんチャレンジしてくれるものと思っていますし、出来れば米の「ブリーダーズカップ」も狙って欲しいです。

 

欧米の競馬は追い込み一辺倒の脚質ではレースでは不利なので、中団より前で競馬のできる馬が理想的なのです。

6月10日の米三冠レースの最後「ベルモントS」には「エピカリス」参戦しますが、7月29日は英で「キングジョージ6世&QEステークス」等にも出走をして欲しいです。

どうしてもやっぱり「凱旋門賞」には拘ってしまうのですが、研究室もOB会も毎年応援に行く人がいますので盛り上がり方も半端じゃないです。

私も毎年のように出張時期を合わせて「凱旋門賞」を楽しんでいますが、今年はまだ何も決まっていませんし、米国出張が増えていますので、今年は「凱旋門賞」を現地観戦できなかったらとても寂しいです。

 

10月出張ならパリ、11月出張ならロサンゼルスと考えていますが、今年の「凱旋門賞」は昨年に続き「シャンティイ競馬場」ですが、ブリーダーズカップは太平洋に面した「デルマー競馬場」で行われます。

「デルマー競馬場」はサンディエゴから車で30分程、ロサンゼルスからも2時間ほどですが、電車もソラーナビーチ駅を利用できますし、ビーチリゾートがあるのでとてもいいところです。

今年はどちらにいけるのでしょうか、楽しみです。

競馬は何も知らない世界でしたがたったの4年で!(圭祐)

JUGEMテーマ:競馬

 僕の競馬は「キズナ」がダービーで勝った4年前にスタート、それこそ貧乏学生だけに競馬場には出かけるのも1年に数回、場外「Wins」には1度も行ったことがなく、研究室でアルバイトを始めて初めて「Wins」にも行きましたし、競馬もほとんどがテレビ観戦、本格的な馬券の購入は競馬塾に入ってからでした。

 

2013年と言えば「桜花賞」は「アユサン」が勝ってハズレ、「皐月賞」人気通りの着順で「ロゴタイプ」が勝ち的中ましたが、「オークス」は「メイショウマンボ」でハズレ、「ダービー」も「キズナ」が勝っても馬連だけの的中と成績はマイナス状態、こんな状態が続いているので収支はずっとマイナスのままでした。

1年後には興味も薄れていたのですが研究室でアルバイトを始めてからも、「Room365」でのパソコン仕事が多く、競馬に本格的に取り組んだのは半年後でした。

 

競馬塾には当時の「研究室」と「Room365」のアルバイト達全員が入塾したのですが、徐々に減って最後には9人になったのですが最初は15人前後は居た筈です。

それからさらに半年後には「勝ち逃げ」をなんとなく始めてましたので、あまり通常買いには拘りませんでした。

と言うのも自分の経験から競馬は「ギャンブル」という意識もあって、簡単ではないことを経験もしていますので競馬塾での勉強を実践で実際にやってみようと思ったからでした。

 

今回の塾生の中で一番早く「勝ち逃げ」に参加した僕は、「中本式3連複」関東24万+関西24万の合計48万でスタートし1年間でのプラスは5倍以上になって、今年度は「ココモ式3連複」も関東37.6万+関西37.6万の合計75.2万でスタートしています。

まだ「ココモ式3連単」は点数が多いので最低でも地域ごとに231万は必要ですので、来年からの参加を狙ってお金を貯めているところです。

 

昨年はマイナスで苦しい時期もありましたが、「Room365」での収入で生活が出来ますので、競馬のプラス分は絶対に貯蓄して頑張っています。

競馬に対する思い入れが形成される前に「勝ち逃げ」に出会ったので、競馬塾のみんなとは違った視点で競馬を捉えることが出来ているようで、好きな馬も嫌いな馬もまだいませんし、過去にも「キズナ」と「ドゥラメンテ」ぐらいしか印象に残っている馬がいないのです。

 

今年はこれまで472万のプラスですが、残念ながら仕事用のパソコンとオーディオに90万ほど使って、設備を整える必要が有りましたし、ドバイ行にも40万ほど使ったので実際は400万を切っています。

やっと卒業して貧乏生活からは抜け出したのですが、3連単を追いかけるためには1,500万は必要になるとのことです。

まだまだ先は長いのですが、コツコツと余計な事に手を出さないで頑張りたいです。

「中本式勝ち逃げ成績」2016年5月20日〜21日(純)

JUGEMテーマ:競馬

 今週もスタートは土曜日だけで、どちらもプラスが多く良かったです。

(原則的に中本式は午後のレース(5Rから)が対象と考えて下さい。)

 

◎5月20日◎

★中本式関東成績★

▲「3連複」8R3,250円(17,700)的中(10点)(Box2)+425,250(総合成績+9,436,410円)

 

★中本式関西成績★

▲「3連複」12R2,690円(208,000)的中(10点)(Box2)+3,195,200(総合成績+12,728,550円)

 

東西のプラスが9回パンクしてもプラスが残るようになりましたので、購入資金は倍までにもいいと思います。

ただし、勝負は週1回のペースだけは守って下さい。

 

「ココモ式勝ち逃げ成績」2016年5月20日〜21日(裕)

JUGEMテーマ:競馬

 日曜日がG1「オークス」と米では「プリークネスS」が朝早くからゲートイン、お天気が良く馬場状態は最高の状態ですのでいつも通り土曜日だけの勝負となりました。

凄いことに最後のレースまで的中しなかったコースもあって、ハラハラでしたが無事に終了で良かったです。

 

◎5月13日◎

★ココモ式関東成績★

▲「3連複」8R3,250円(46,600)的中(10点)(Box2)+976,880(総合成績+6,094,610円)

 

▲「3連単」2R9,720円(400)的中(56点)(2位軸)+18,880(総合成績+7,016,500円)

 

★ココモ式関西成績★

▲「3連複」12R2,690円(250,000)的中(10点)(Box2)+2,965,000(総合成績+18,944,850円)

 

▲「3連単」3R14,650円(900)的中(54点)(2位軸)+91,850(総合成績+23,471,230円)

 

早いレースでの的中でプラスが少なかったコースもありますが、3連複が東西で頑張ってくれました。

 

勝ち逃げは大きな金額がなくても出来るものもありますので、皆さんもチャレンジしてみて下さい。

特に「3連複」は最低限376,000円の金額で出来るから誰でも楽しめますよ。

 

一杯のコーヒーに夢を託して「オークスとプリークネスS」17-17(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 とても暑い日に行われることになった「オークス」ですが、フランケル産駒の「ソウルスターリング」が1番人気に応えて強い勝ち方で優勝しました。

2着「モズカッチャン」(ハービンジャー産駒)、3着「アドマイヤミヤビ」(ハーツクライ産駒)で見事的中できました。

今回は自宅でノンビリと「シゲ」さんと二人だけでテレビ観戦、苦味の効いたアイスオーレでレースを楽しみました。

 

 

 

まだまだ若さの残る走りでふらつく場面もありましたが、見応えのあるレースでしたし馬単と3連単軸固定で的中させたので、本当にうれしかったです。

続いて米三冠レースの二冠目「プリークネスS」は人気になったケンタッキーダービー馬「オールウェイズドリーミング」は8着に敗れてしまいました。

1着「クラウドコンピューティング」、2着「クラシックエンパイア」、3着「シニアインベストメント」となって、ちょっとショックな結果になってしまいました。

 

米三冠レースの最後となる「ベルモントS」(6月10日)ダート2,400mには、日本馬「エピカリス」が参戦する予定ですので、いろんな意味で非常に楽しみです。

デビューから4連勝後、G2の「UAEダービー」で2着となりましたが、ゴールドアリュール産駒だけに勝つチャンスがあります。

 

 日本馬の「凱旋門賞」優勝は時間の問題と思ってから18年の月日が流れてしまいましたが、2020年頃までには達成して欲しいと思っていますし、「オルフェーヴル」産駒も今年デビューしますので可能性は大きいと信じています。

これからが楽しい時期なのですが、今年の新馬戦には「フランケル」産駒も昨年の倍以上が揃いましたし、今から期待で一杯なのです。

 

「勝ち逃げ」の的中速報です。5月20日〜21日(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は素晴らしいお天気で馬場状態も最高なので、土曜日にすべてスタートです。

無事に終了で本当に良かったです。

 

◎5月20日(カッコ内は軸馬です。)

★ココモ式3連複東⇒(BOX2)R10・06・01・03・05D3-5-2/6-3-10/3,250

★ココモ式3連単東⇒(2位軸)R06・15・10・04・09・03C1-2-5/6-15-9/9,720

 

★ココモ式西⇒(BOX2)12R03・08・07・05・09A2-4-5/3-7-5/2,690

★ココモ式西⇒(2位軸)R13・06・09・14・08・12B6-1-2/12-13-6/14,650

 

◎5月20日

★中本式3連複東⇒(BOX2)R10・06・01・03・05D3-5-2/6-3-10/3,250

 

★中本式3連複西⇒(BOX2)12R03・08・07・05・09A2-4-5/3-7-5/2,690

 

本来は21日もスタートしたいところですが、ここは我慢してG1に集中です。

「今週の勝ち逃げ予定」と「メインレース情報」5月20〜21日(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今週のG1レースは「優駿牝馬(オークス)」です。

今年のクラシックは牡馬も牝馬もなかなか難しい状態で、的中も出来ないでいるのでここらでちょっと気合を入れたいものです。

「勝ち逃げ」はいつものように土曜日を予定していますが、プラスも十分貯まっていますので日曜日のスタートもあり得る状態です。

メイン対象レースは土曜日2鞍、日曜日3鞍ですので土曜日はノンビリと日曜日は早目に始動しないといけないです。

 

★今週の対象レース★

◎5月20日(土曜日)

京都11R「平安S」G3(別定・ダート)

東京11R「メイS」オープン(ハンデ・芝)

(メール会員:京都の10Rを取り上げます。)

 

◎5月21日(日曜日)

新潟11R「韋駄天S」オープン(ハンデ・芝)

京都11R「下鴨S」準オープン(ハンデ・芝)

東京11R「優駿牝馬」G1(定量・芝)

(メール会員:京都と東京の10Rを取り上げます。)

 

会員募集は6月5日から後期の募集を致しますが、「勝ち逃げ会員」だけとなる予定です。

世界のG1レースで活躍できそうな内国産種牡馬!(流星)

JUGEMテーマ:競馬

 世界のG1レースで活躍できそうな内国産種牡馬の代表格と言えば「ディープインパクト」と「キングカメハメハ」が双璧、前者は「リアルスティール」が「ドバイターフ」を昨年優勝し、今年は同レースを「ヴィブロス」が優勝したように何頭も海外G1での活躍馬がおりますし、「ディープ」や「キンカメ」のライバルだった「ハーツクライ」は、自身が「ドバイシーマクラシック」を勝っており、「キングジョージ&QエリザベスS」でも3着になっています。

 

「キンカメ」産駒では「ロードカナロア」や「ルーラーシップ」が海外G1を勝っていますし、「ハーツクライ」産駒も「ジャスタウェイ」や「アドマイヤラクティ」が海外G1を勝っています。

昨年は内国産種牡馬ではない「フランケル」産駒が話題になり早くもG1馬「ソウルスターリング」が誕生しましたが、今年も15頭前後がデビュー予定ですし、内国産の代表格になって欲しい「オルフェーヴル」産駒が150頭余りもデビューを予定しており、こちらも楽しみなのです。

 

「凱旋門賞」2年連続2着の悔しさを産駒に伝えてくれれば、きっと「凱旋門賞」を勝てる日本馬の出現もそんなに遠く無いと思っています。

他にも「ロードカナロア」や「エイシンフラッシュ」や「ローズキングダム」産駒の、デビューも予定されており楽しみが一杯ですが、輸入種牡馬でもG1を5連勝したドイツ馬の「ノヴェリスト」は、「キングジョージ&QエリザベスS」を勝っているだけに注目です。

 

 僕もあまり競馬には拘りがなかったのですが、「競馬塾」でいろいろなレースビデオを観て初めて日本馬が海外遠征する理由が分かった様な気がします。

「凱旋門賞」を勝つことだけでなく他にも大きなレースが沢山あって、これからは世界のダート競馬の頂点である「ドバイワールドC」や「ブリーダーズカップ・クラシック」でも、勝てる馬を育てないといけないと思うようになりました。

 

  

 

今週末はいよいよ「オークス」ですが、今年は「ハーツクライ」と「ハービンジャー」産駒の登録が多く、「ディープ」と「ダイワメジャー」産駒が2頭づつとなっていますし、「桜花賞」の上位3頭のチャンスも大きいと思います。楽しみです!